B・スプリングスティーン、リトル・スティーヴンの殿堂入りにサプライズ出演

twitterツイート

日曜日(5月6日)、ニュージャージー・ホール・オブ・フェイムの式典が開かれ、スティーヴ・ヴァン・ザントの殿堂入りを祝い、ブルース・スプリングスティーンがサプライズ出演した。

◆スプリングスティーン&リトル・スティーヴン画像、動画

今年は、ヴァン・ザント、ブロンディのデボラ・ハリー、フォー・シーズンズ、シンガーのグロリア・ゲイナー、アル・ライター元野球選手、シェフのBuddy Valastroらが殿堂入り。スプリングスティーンの出演は事前に告知されていなかった。

スプリングスティーンはヴァン・ザントのプレゼンターとして登場し、彼を「ボストン生まれだが、リトル・スティーヴィー・ヴァン・ザント以上にニュージャージーの精神をより純粋に抽き出している人はいない」と紹介した上、2人で「I Don’t Want To Go Home」をパフォーマンスしたという。



ニュージャージー生まれのスプリングスティーン自身は、ニュージャージー・ホール・オブ・フェイムが設立された2008年に、ヴァン・ザントが在籍するEストリート・バンドも2012年に殿堂入りしている。

式典では、“ディスコ・クイーン”グロリア・ゲイナーもパフォーマンスし、「I Will Survive」で会場はダンスフロアと化したという。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報