岡田准一、「V6では木琴担当だった」

twitterツイート

V6の岡田准一が本日5月10日、「明治ブルガリアヨーグルト2018年『ヨーグルトの日』記念イベント」に出演した。

◆イベント画像(15枚)

岡田准一は2014年に「明治ブルガリアヨーグルト大使」に任命され、5年目となる今年も「明治ブルガリアヨーグルト」のテレビCMに登場している。イベントでは明治より感謝を込めてプレゼントが用意されており、岡田准一がリボンを引くと通常のブルガリアヨーグルト約1,000個分に相当するビッグパッケージのヨーグルト「明治ブルガリアヨーグルト オカダ版」が登場。岡田准一はそのインパクトに笑いながら「昔から知ってるパッケージに自分の名前が書かれるのは嬉しいですね」とコメントした。


「明治ブルガリアヨーグルト」は45周年を迎える商品で、これにかけて司会者より「8年後に45歳になりますが、どういう風になっていたい?」と聞かれた岡田准一は「その頃には“仕上がってる”おじさんになりたいです」との答え。そのためにヨーグルトを摂取していくことを誓った。ちなみに現在、しっかりと身体が鍛え上げられているのもヨーグルトのおかげとのことだ。そもそも岡田准一が育った家庭ではヨーグルトが食卓に並ぶことが多かったらしく、今も健康のために毎朝ヨーグルトを食べているという。その成果か、続いてのメディア代表者と対決した「利きヨーグルト」では、「見ただけでだいたいわかる!」「見るからに濃厚」など真のヨーグルト好きを証明した。

また、自身が出演しているCMで「明治ブルガリアヨーグルト」のサウンドロゴを歌っていることから、岡田准一がグラスハープ奏者・大橋エリ指導のもと水の入ったグラスを木のスティックで叩くグラス・グロッケン奏法にも挑戦。初めて挑戦するとのことだが意気込みを聞かれると「V6では木琴担当だったんで!」とユーモアを交えつつ自信満々の様子。そして「明治ブルガリアヨーグルト」というサウンドロゴを口ずさみながら、見事完奏した。その美しい音色に報道陣たちからのどよめきが起こると、岡田准一は「いや〜汗かきました。小学生以来、発表会以来でした。音を鳴らす楽しさというのを思い出させてもらった感じ」と嬉しそうな表情を見せていた。


なお、本日岡田准一が行った利きヨーグルト、サウンドロゴの演奏などは5月11日〜13日の期間、東京・KITTE 1階アトリウムにて開催されるイベント『明治ブルガリアヨーグルト presents ヨーグルトパーク』にて体験することができる。岡田准一仕様のビッグパッケージも展示され、一般来場者も自分の名前と顔写真を入れたパッケージを作ることができるとのことだ。岡田准一もイベントを終え「ブルガリアヨーグルトの魅力をたっぷり感じることができました。みなさん一緒にご家族で遊びに来てくれたら嬉しいです」と述べている。

◆イベント画像ページへ(15枚)


V6 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報