UKジャズグループ“イル・コンシダード”、デビュー作&最新作『III』をまとめた日本独自企画盤リリース

ツイート

イル・コンシダードの、デビュー作と最新作『III』をまとめた日本独自企画盤がリリースされる。

イル・コンシダードは、サックス奏者のアイドリス・ラーマンをはじめ、アイドリスととともにワイルドフラワー名義でも活躍しているベースのレオン・ブリチャード、それにドラムのエムレ・ラマザノグル、パーカッションのヤハエ・カマラ・オノノの4人で構成されたイギリスのジャズグループだ。

過去のジャズはもちろんのこと、UKの多様な音楽も咀嚼した独自の進化を遂げたからだ。その代表格とも言われるイル・コンシダード。ゴーゴーペンギンとは対極のようなオーガニックでトライバルなサウンドで、クラブミュージックを通過したタイミングとセンスも感じる彼らのサウンドに注目してほしい。


『ILL CONSIDERED & III』

2018年5月23日(水)
RINC41 2,300円(税込)
1.Dawn lit metropolis
2.Building bridges
3.Tangled
4.Upstart
5.Interlude
6.Unwritten rules
7.Lope
8.Djinn
9.Incantation
10.Nada Brahma
11.Retreat
12.Scatter
13.Delusion
14.Meditation
15.Perplexity

◆Rings オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス