土橋安騎夫、主宰パーティ<Area Deep>で7月にライブパフォーマンスを披露

twitterツイート

土橋安騎夫が、自身の主宰するDJパーティ<Area Deep>でライブパフォーマンスを披露することになった。

現在、今年秋のデジタルリリースに向けてソロアルバム(ミニアルバム)を制作中の土橋。原点を見直しメロディにこだわり、新旧アナログ・シンセサイザーを駆使した独自の世界を追求している真っ最中だ。その作品完成に先駆け、この度青山ZEROにて隔月で開催されている自らのパーティ<Area Deep>の記念すべき5周年にてライブを行う。

「自分自身も最良の音響システムを体感しながらライブをやりたい……」。そんな思いからZEROの前身LOOP時代よりクラブでのライブを開催してきた土橋。ライブ当日は所有するシンセサイザー(Roland FA-07、system-8、RE-02、TR-8S)のほか、最新機材をセットし、ハイクオリティなサウンドにトークを交え、新曲、ソロ曲、提供曲、レベッカ曲など、ひとりでリアルタイムにパフォーマンスするという新たなスタイルで臨む。

また、Area Deep CrewがVJ、Lightingでライブを演出を行う予定となっている。クラブサイドとミュージシャンサイド、二面の土橋安騎夫を体験できる絶好の機会となっている。ぜひ足を運んでほしい。


<AKIO DOBASHI SOLO LIVE @ Area Deep 5th Anniversary>

2018年7月19日(木)
青山 ZERO
(東京都渋谷区渋谷2-9-13 AiiA ANNEX Bid. B1F)
Live Performance : AKIO DOBASHI
Dj : HIROSHI MAKITA
Vj : KEIICHI NISHIZAWA
Lighting : NOBUHIRO TAKATA

◆ZERO オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報