マイク・シノダ、チェスター死後初のソロ・ライブ開催。ONE OK ROCKのTakaと共演も

twitterツイート

リンキン・パークのマイク・シノダが、土曜日(5月12日)、ソロでは初となるライブ・パフォーマンスを行なった。

◆<Weenie Roast>、<Identity LA>画像

彼はこの日、米LAでKROQラジオ局が開催した<Weenie Roast>とフリー・フェスティバル<Identity LA 2018>の2つに出演。<Identity LA 2018>では、リンキン・パークのバンド・メイト、ジョー・ハーンとONE OK ROCKのTakaと共演した。

ハーンとは「Castle Of Glass」でコラボ。Takaとはリンキン・パークの「Waiting for the End」とフォート・マイナーの「Where’d You Go」のメドレーをパフォーマンスしたという。

また、「In The End」をピアノで演奏した際には、オーディエンスがチェスターのヴォーカル・パートを合唱していたそうだ。

<Identity LA 2018>でのセットリストは以下の通り。

「Welcome」(フォート・マイナー)
「Place to Start」*ライブ初
「Watching as I Fall」*ライブ初
「Castle of Glass」(リンキン・パーク)with ジョー・ハーン
「When They Come for Me」(リンキン・パーク)
「Kenji」(フォート・マイナー)
「Roads Untraveled」(リンキン・パーク)
「Waiting for the End / Where'd You Go」 with Taka(ONE OK ROCK)
「Sorry for Now」(リンキン・パーク)*ライブ初
「Crossing a Line」
「In the End」(リンキン・パーク)*ピアノ・ヴァージョン
「About You」
「Over Again / Papercut」
「Good Goodbye / Bleed It Out」(リンキン・パーク)
「Remember the Name」(フォート・マイナー)

マイク・シノダは6月にソロ・アルバム『Post Traumatic』をリリース。この夏、世界各地のサマー・フェスティバルに出演する予定で、日本でも8月に<Summer Sonic>でパフォーマンスする。

Ako Suzuki





twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報