Arturiaからアナログ・シンセ名機のフィルター、名盤を生み出したプリアンプを再現したプラグイン・バンドル登場

twitterツイート

数多くのシンセサイザーをソフトウェアで再現してきたArturiaから、フィルターとプリアンプのプラグイン・バンドルが登場。アナログ・シンセの名機3機種のフィルターをスタンドアローン・プラグインとして復活させた「3Fliters」、数々の名盤のサウンドを支えた貴重なプリアンプのキャラクターを再現した「3 Preamps」が、コルグより5月下旬に発売される。また、RackBrute用バッグ「RackBrute Travel Bag」が5月19日より発売となる。

「3 Filters」と「3 Preamps」に収録されるフィルターはいずれもDAW上でVST、AU、AAXプラグインとして動作。高精細グラフィックによる美しく見やすいインターフェイス、第一線で活躍するサウンド・プラグラマーによる高品位プリセットを内蔵。タグベースによる高速かつインテリジェントなプリセット・ブラウジング機能も備える。

■3 Filters

「3 Filters」は、アナログ・シンセ不朽の名機、Moogシンセサイザー、Matrix-12、SEMの3機種のフィルター部を抜き出し、スタンドアローン・プラグインとして復活させたもの。Arturia独自のモデリング・テクノロジー「TAE」により、アナログ・フィルターのサウンドや挙動を正確に再現。豊富なモジュレーション機能を備え、100種以上のプリセットを内蔵。シンプルなトーン・コントロールから、ランダムにシンコペーションした破壊的なサウンドまで、劇的な音色変化をあらゆるソースに加えることが可能だ。

●Mini-Filter

▲モーグ博士が開発したフィルターのアイコン。スムーズなラダー・フィルターを正確に再現し、ステップシーケンサーなど現代的な機能をプラス。

●SEM-Filter

▲シンプルかつ素晴らしいサウンド、モード・ブレンディングが可能なステートバリアブル・フィルターに、ソフト・クリッピングやモジュレーション・マトリクスを装備。

●M12-Filter

▲複雑さと深みの極み。トム・オーバーハイムの手による伝説的80年代フィルターをステロイド強化。

■3 Preamps

一方の「3 Preamps」には、ポピュラー音楽史に確固とした地位を築き上げた3機種のプリアンプを収録。「V Collection」で採用したArturia独自のTAEテクノロジーにより、サウンド・キャラクターや刺激的な機能を再現。数々の名盤を生み出したミキシング・コンソールやチャンネル・ストリップ、プリアンプのトーンを手にすることができる。ボーカル・トーンをシェイプアップしたり、ソフトウェア・インストゥルメントにアナログの暖かみをプラスしたり、ベースの重量感や明瞭度をアップしたりと、さまざまなシーンで活躍してくれる。

●1973-Pre

▲オーディオ・エンジニアリングの予言者的存在ルパート・ニーヴの先駆的なモデルがベース。音の立ち方に特徴のある、70年代ソリッドステート・トーンを実現するためのカギとなるプラグイン。

●TridA-Pre

▲半世紀以上にわたり世界のヒット曲の数々を生み出している音楽産業の至宝Trident Studiosの超貴重プリアンプ&EQ。

●V76-Pre

▲『ホワイト・アルバム』サウンドのカギとなる、アビィ・ロードが愛したドイツ製放送用チューブ式プリアンプを再現。


■RackBrute Travel Bag

同じくArturiaから、ユーロラック・ケース「RackBrute」を安全に持ち運べるバッグ「RackBrute Travel Bag」がリリースされる。


「RackBrute」はユーロラック・モジュラーの収納、運搬、保護のトータル・ソリューション。使いやすいポジションにセットでき、電源部も内蔵した実用度最高のユーロラック・ケースだ。今回登場したのは、より確実な安全策として大切な機材を保護できるRackBrute用トラベル・バッグ。「RackBrute 3U」「RackBrute 6U」や「MiniBrute 2」「MiniBrute 2S」と共に、大切なモジュールを自由かつ安全に持ち運ぶことができる。

製品情報

◆3 Filters
価格:25,000円(税別)
◆3 Preamps
価格:37,000円(税別)
発売日:2018年5月下旬

◆RackBrute Travel Bag
価格:12,000円(税別)
発売日:2018年5月19日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報