CIVILIAN、中田裕二と待望コラボ「俺たちがCIVILIAN四重奏です」

twitterツイート
写真:高田真希子

CIVILIANが自身主催の東名阪2マンイベントツアー<CIVILIAN presents INCIDENT619>を5月16日(水)の東京・CLUB QUATTROからスタートさせた。

◆CIVILIAN、中田裕二 画像

<INCIDENT619>シリーズは、CIVILIANがリスペクトするアーティストとの2マンイベントで、改名前のLyu:Lyu時代である2011年11月に初の自主企画としてスタートした。通算11回目となる今回は、元・椿屋四重奏の中田裕二を迎え、中田のバックバンドをCIVILIANが務める一夜限りのスペシャルユニットも結成された。

最初にステージに登場したのはCIVILIANの3人。企画の主催者がトップバッターかと思いきや、ヴォーカル&ギターのコヤマヒデカズが「今日、ここに集まってくれた誰よりも俺たち3人が今日、1日を楽しみにしてきました。我らのゲストをお迎えします!」と語り、盛大な拍手とともに中田裕二が呼び込まれた。「どうも俺たちがCIVILIAN四重奏です!」と挨拶すると、場内からは歓声があがった。


CIVILIANをバックバンドに従えた中田は、「普段の僕のお客さんと違って戦闘態勢っていう感じがしますけど、受けて立とうじゃないか!」と笑顔で煽りながら、3月21日(水)にリリースされたニューアルバム『NOBODY KNOWS』に収録されているロックンロールナンバー「マレダロ」で急速に会場の温度を上げライブをスタートさせた。

MCでは、この日のセットリストはCIVILIANのメンバーによる選曲であることを明かし、中田が「対バンはあっても、演奏までしてくれることはないですよ。非常に嬉しいです」と感謝の気持ちを伝えると、コヤマは「相当、気合いを入れて来ました」と返すなど、お互いにリスペクトし合っている様子が伝わってくる内容となっていた。

「バンド時代以来8年ぶりに歌う」という、中田をして“マニアックないい選曲”と言わしめたロックバラード「春雨よ」はCIVILIANベース・純市の選曲。さらにドラムの有田清幸選曲の「プロローグ」やコヤマヒデカズ選曲の「幻惑」など、楽曲のイントロが流れるたびに感動に近い声がオーディエンスから沸き起こる。メンバーそれぞれがリクエストした中田裕二/椿屋四重奏の楽曲群でオーディエンスの心と体を揺らし、中田のライブではおなじみのディスコナンバー「MIDNIGHT FLYER」で中田の演奏ブロックは締めくくられた。「CIVILIANが僕の曲を演奏してくれて、非常に素晴らしく、貴重な時間でした。ありがとう」と振り返った中田は、壇上でメンバーと握手とハグを交わし、4人でステージを降りた。

なお、後のCIVILIANブロックでの振り返りでは中田とのバックバンド共演について有田が「言い出しっぺは僕です。この1ヶ月スタジオに入りまくってドラム叩きまくって、2.5キロの減量に成功しました」と舞台裏を明かしている。CIVILIANの3人がライブ演奏にもっとも苦戦したのは「リボルバー」。「中田さんはソロになって曲の音数が増えたんですけど、俺ら3人しかいないのでどうやって3人でそれを出すかと。やってみたら一番ヤバかったです」と楽しげに語った。

◆レポート(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報