【インタビュー】森友嵐士が語るT-BOLAN30周年と激動、「励まし合う力が原動力に」

twitterツイート

完全復活を宣言したT-BOLANが2018年、インディーズデビューから数えて30周年というアニバーサリーイヤーを迎える。これに際し、7月10日に待望のバンドスタイルでのライヴ<T-BOLAN 30th Anniversary LIVE「the Best」〜励〜>を中野サンプラザで開催するほか、7月22日には<Tears Summit 2018 ~約束の場所~>と題した渋谷 eggman公演を開催することが決定している。また、2018年1月に発表されて大きな反響を呼んだ、名曲「Bye For Now」を新たな挑戦を志す人のもとへ歌いに行く企画『みんなで贈ろう「Bye For Now」未来の君のために!』も着々と進行中だ。

◆森友嵐士[T-BOLAN] 画像

ますます活発化するT-BOLANの動向に迫るべく、『「Bye For Now」企画』、インディーズデビュー30周年、そして今の想いを、森友嵐士(Vo)に訊いたロングインタビューをお届けしたい。熱くまっすぐ語る森友の瞳の先には、新曲制作や全国ツアーも映っていたようだ。

   ◆   ◆   ◆

■僕の中には今、“誰かのための何か”
■という想いが強くある

──まずは『「Bye For Now」企画』のことからお聞きしますが、第一回目を実施されたんですよね?

森友:はい。FM NACK5さんと連動して、応募者の方のところへ伺ってきました(番組『GOGOMONZ』の5月2日放送回にてオンエア)。目の難病を抱えた方で今は視力がない状態だそうで。元々は音楽が大好きでコンサートに行ったり、普通に外出してたんですけど、目が見えなくなってからは一歩も外に出られなくなってしまったらしいんです。でも、“もしT-BOLANが歌をうたいに来てくれたら、それが何かの勇気に変わるんじゃないか”ってことで応募してくれて。僕の中には今、“誰かのための何か”という想いが強くあって、彼女のところへ行きたいね”と。“できれば音響もしっかりした環境で”と思ったんですが、彼女はまだ、どうしても外には出られない……ということで。ここは彼女の気持ちを一番に、五味と一緒に彼女の部屋に行ってきました。アコギと66鍵の小さなエレクトリックキーボードを持って。

──応募者のご自宅で歌ったんですか?

森友:そうです、ごく一般的なマンションで。歌う前に彼女といろんな話をして。でも、過去に縛られてもどこにも進めないし、人の命、人生にも限りがある。だとしたら、「後ろを振り返るよりも、今を未来をここから少しでも楽しくハッピーに生きたほうがいいんじゃないかな。ここをマイナスじゃなく、0にしようよ」っていう話をして。

──森友さんご自身が“声を失った”経験もありますし。

森友:僕も自分にとって一番大切な歌を失った時、最初は過去に全てを奪われていました。戻りたかったんです、T-BOLANで歌ってた頃の自分に。だからT-BOLANの歌を、CDに収められてる過去の音源を、ずっと自分のリハビリに使ってたし。だけど10年ぐらい経った頃かな、ふと“もう振り返るのはやめよう”と思ったんです。歌えなくなったことはマイナスだけど、時間と共に自分の中で深くなった想い、経験、いろんな気持ちとの出会い。そう考えると手に入れたものもたくさんありましたから。だから、“ここを0にしてまた一歩ずつ進んでいけばいい”と。過去の自分に戻りたいと思ってた頃は、足りない自分を責めてばかりいたんですけど、0からのスタートにしたら、“今日は100のうち10進んだな”とか前に進んだ自分を認めてあげられるようになったんです。今日の意味が全く変わってきました。そんな自分の経験も彼女に話しながら。

──説得力があります。

森友:あと、「今回応募してくれたってことは、君自身がすでに一歩を踏み出してるんだよ。僕らが今ここにいるのがその証明だよ」っていう話もして。で、何を歌おうかなと思ってね。流れが大事ですよね、この話の流れから、僕自身の始まりの歌、「上を向いて歩こう」を彼女のために歌いました。僕が0からスタートした時、最初にリハビリの曲として選んだ曲で、“この曲からだな”って思ってね。実は今回、ショートタイムのワンステージできるぐらい五味と一緒にセットリスト用意して行ってたんですね。でも、その中に「上を向いて歩こう」は入ってなくて。だから五味は一瞬“えっ?”て顔してたけど、「なんとか絡んで来いよ!」みたいな(笑)。

──あははは! そしてその後に「Bye For Now」を?

森友:そうですね。その後に「Bye For Now」でした。本当は7月10日にT-BOLANのライヴ(<T-BOLAN 30th Anniversary LIVE「the Best」~励~>@中野サンプラザ)があるので、そこに来てねって約束して、この曲はその日までのお楽しみにしようかなとも思ったんですけど。でも、「Bye For Now」は新しいスタートを切るっていう始まりの歌でもある。リピートのサビの歌詞に“すべての明日はいつだって君の味方さ”というフレーズがあるし、これを今の彼女に届けたいなって思って。「じゃあ、「Bye For Now」を贈るね」と。

──ものすごく濃くて有意義な企画になりましたね……話を聞いてるだけでグッと来ました。この企画はこの後も続けられるんですか?

森友:先のことはわからないですけど、どこへでも歌いに行きたい気持ちです。実は次に行くところも決まってたりするんです。

──そこでもまたドラマが生まれそうですね。ところで、さっき「誰かのための何か」という言葉が出ましたけど、それが今、森友さんの中にあるテーマだという?

森友:そうですね。T-BOLAN自体、こうやって完全復活したのも“励まし合うチカラ”──そんな想いがあったからで。この復活にはベースの上野が倒れたことが大きなキッカケのひとつになっているんです。遡ると、東日本大震災の後、人生には限りがあるってことを自分自身すごく感じて、“いつか”なんて想いが心のどこかにあるのなら、その“いつか”を待ってる時間は無駄だなと思ったんです。“今でしょ”だよね(笑)。

──はい。

森友:それでメンバーそれぞれの、何よりT-BOLANに対する本当の気持ちを知りたくて、山中湖で3日間合宿することにしたんです。音を出したり、一緒に食事をしたり、ゆっくり流れる時間の中でいろんな話をしました。それが、<“BEING LEGEND”Live Tour 2012>、さらには2014年の大阪・オリックス劇場と東京・渋谷公会堂(<T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014~Back to the last live!!~>)に繋がったんですよ。もう一度このメンバーで、T-BOLANとしてライブをやりたい。ただ、その先のビジョンは何もありませんでした。ライブを終えた後、そのまま過去のT-BOLANという集合体になだれ込んでなんとなく続けるのは違う気がして、そこで1つ“マル”を打つことにしたんです。それぞれの挑戦のために。その矢先でした、上野がくも膜下出血で倒れて……。上野の場合、発見まで5日間もかかったので、大変な状況でした。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報