ミック・ジャガーとチャーリー・ワッツ、公演前の習慣を語る

twitterツイート

現在、英国ツアー中のザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとチャーリー・ワッツが、開演直前に行なう習慣について語った。

◆ザ・ローリング・ストーンズ画像、動画

どちらも落ち着いた時間を持つようだが、その方法は違う。ミックはAP通信にこう語った。「公演の前は楽屋でリラックスし、くつろいでいたい。ショウの直前は、“あーっ!”ってなりがちだ。だから、少しの間、部屋からみんなを追い出して、落ち着くようにしてる。歌ったりするね。ボブ・マーリーで、動き回ったりすることもある。それで、ダンスのウォームアップをするんだ。最近の曲でね」

彼は先日、Joey Purpの「Girls @」をかけ、ステージを走り、踊る動画を投稿していた。

一方、チャーリーは「たいてい、デューク・エリントンをかけてる。それで、キース(・リチャーズ)のところへ行く。彼はたいてい、リトル・リチャードをプレイしている」そうだ。

ザ・ローリング・ストーンズは今週金曜日(5月25日)、2日目のロンドン公演を開催。毎回、セットリストにはファン投票により選ばれた1曲を挿入しているが、今回は「Monkey Man」「Live With Me」「Dancing With Mr D」「Dead Flowers」の4曲からの投票を受け付けている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報