Marantz Professional 、オールインワンのブロードキャストシステム「Turret」発売

twitterツイート

Turret(ターレット)は、YouTube動画の作成、ゲーム配信、ライブ配信をプロ仕様の品質で行うことができるオールインワンのブロードキャストシステム。

Turretは、極めて高性能でも驚くほどシンプルかつコンパクトにデザインされており、自宅スタジオで高品位な収録が可能だ。H.264圧縮搭載のFullHDカメラ、48kHz/16bit対応のコンデンサー・マイク、ポップガード、LEDリングライト、明るさ自動調整機能、色温度フィルターなど配信・収録に必要な全ての高性能機材を統合、さらにハイスピードUSB-Cでパソコンと接続することで、低いレイテンシーで利用できる。

搭載されるカメラは、Full HD 1080pビデオ(最大1920 x 1080 pixels)に対応。オートフォーカス設計、自動明るさ調整機能も搭載しており、難しい設定なしで高画質なビデオを撮影可能だ(※使用ソフトウェア/OSで最大解像度が異なる)。


また、搭載されるマイクは録音/収録に最も適したプロフェッショナル仕様の14mmコンデンサー・マイクで、ボイス録音に特化した仕様で設計されているのが特徴。感度は、-34dB ± 2dB(0dB=1V/Pa@1kHz)、最大SPLは132dB(THD:0.5% 1kHz)、周波数特性は空調や屋外のノイズを拾わないように150Hz〜15kHzで設計され、鮮明で躍動感のある録音が可能だ。さらに本体にはマイクプリアンプも搭載されており、レベルの調整も簡単に行える。

マイクの手前部分には標準でポップガードが搭載、音声収録の際に発生するポップノイズをガードする。マイクは長さと位置が調整可能なブームアームに設置されており、カメラとマイクの位置関係を調整できるだけでなく、インタビュー形式の撮影の際にマイクの受け渡しがスムーズに行うことが可能だ。

本機の特徴の一つとなっている、直径10cmのLEDリング・ライトは5600Kの昼白色フィルター、7000Kのクール・フィルター、及び3000Kの電球色フィルターを同梱し、被写体をより明るく、シーンに合わせて色温度を調整することができる。また本体に搭載される「BRIGHTNESS」ノブで簡単に明るさを調整可能だ。


本体にはLEDライトの明るさ調整、ヘッドフォン出力とボリューム調整、マイクのゲイン(音量)設定、マイクのミュート、カメラのオン/オフ等、配信・収録中に必要な機能が搭載されており、瞬時に調整することができる。またリアパネルにはパソコンと接続するハイスピード、低レイテンシーのUSB-C端子を搭載し、搭載される2つのUSB端子はUSBハブとして機能し、USBマイクやUSB対応のモニタースピーカー等を拡張することが可能。Turretは高性能、多機能でありながら、シンプルで直感的に操作できるようにデザインされていることで、誰にもで品質の高い配信・収録ができるように設計されている。

なお、Windows7〜10以降、MacOS10.6以降に対応し、ビデオチャットからライブ配信、YouTube動画の作成まで幅広く使用可能となっている。

◆Turret オフィシャルサイト(inMusic Japan)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報