【イベントレポート】Toshl、ライアン・レイノルズと「We are “Xフォース”!」

twitterツイート

Toshlが本日5月29日、映画『デッドプール2』ジャパンスペシャルイベントに登壇した。

◆イベント画像

『デッドプール2』は人体実験で驚異の治癒能力と不死の肉体を得た主人公が、“無責任ヒーロー”のデッドプールとして活躍するアクションコメディ映画だ。本作で製作・主演・脚本を担当したライアン・レイノルズは今回初来日、イベントでは劇中で乗車しているイエローキャブに乗って、本作でハリウッド大作デビューをした忽那汐里とともに登場した。ライアン・レイノルズは集まったファンとコミュニケーションをとりながらレッドカーペットを歩いてステージに上がり、劇中の登場人物のコスプレをしていたファンたちを指して「東京で見たコスプレが最高です(笑)。クレイジーです。最高にいい気分です!」と挨拶した。


劇中では“Xフォース”というチームが結成されるのだが、これにちなんでサプライズゲストとしてToshlが登場。Toshlはもともとこの映画のファンだったとのことで、「大好きな映画なのでものすごく興奮してます。ステージ上でみなさんの代表としてここに立たせてもらっています」とコメントした。そして司会の「We are!」という掛け声で、会場に集まったファンと一緒にXポーズならぬ“Xフォース”ポーズ。最後はライアン・レイノルズと固く握手をしてイベントを締めくくった。



『デッドプール2』

6月1日全国ロードショー
20世紀フォックス映画
(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報