5年ぶり開催<日・ASEAN音楽祭>にw-inds.、関ジャニ∞、乃木坂46ら17組

twitterツイート
▲w-inds.

日本とASEANの友好協力45周年を記念した<第2回 日・ASEAN音楽祭>が、10月4日に東京・NHKホールにて開催される。

◆出演者画像

同音楽祭の開催は2013年以来5年ぶり。第1回が加盟国や出演者から好評を博し、第2回の開催オファーが相次いだことで今回の開催に至ったという。当日は西田ひかるとピコ太郎が司会を務め、日本からは杉良太郎、伍代夏子、w-inds.、関ジャニ∞、乃木坂46、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二、登坂広臣ら7組が参加。さらに、ASEAN10カ国のトップアーティストたちが東京に集結する。

日・ASEAN特別大使を務める杉良太郎の呼びかけに賛同し、豪華メンバーが集結する2回目の<日・ASEAN音楽祭>。関ジャニ∞の村上信五は「関ジャニ∞が音楽を楽しんでいる姿をASEAN諸国の皆様に体感していただけるよう、精一杯、力強くパフォーマンスさせていただきます」、乃木坂46も「グループや個人でも東南アジアに仕事などで行く機会も多く、みなさんの架け橋になれるようなパフォーマンスができるように頑張ります!」と意気込みのコメントを寄せている。

また、音楽祭実行委員会会長でもある杉良太郎は「アーティストの皆様が、音楽祭の趣旨を理解し、国を背負って来て頂きます。音楽だけでなく、観光などを通して日本文化の素晴らしさを届け、文化的な交流を図りながら、日・ASEAN一つになって平和を訴えていきたい」と語っている。

なお、当日の模様はNHKをはじめ、各国のテレビ局でも放送されることが決定している。

<第2回 日・ASEAN音楽祭>

2018年10月4日(木) 東京・NHKホール
出演:w-inds.(日本)、関ジャニ∞(日本)、伍代夏子(日本)、今市隆二(日本)、登坂広臣(日本)、杉良太郎(日本)、乃木坂46(日本)、ファクルーウ・ラジ(ブルネイ ダルサラーム)、プレアップ・ソバット(カンボジア)、アンディン(インドネシア)、アレクサンドラ(ラオス)、シティ・ヌルハリザ(マレーシア)、サイ サイ カンレン(ミャンマー)、サラ・ヘロニモ(フィリピン)、タウフィック・バティサ(シンガポール)、パラポン(タッチャポン・ポンコンセン)(タイ)、ドン・ニー(ベトナム)
MC:西田ひかる(日本)、ピコ太郎(日本)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報