エルトン、N・ダイアモンド、B・ホワイトらと契約を交わしたラス・リーガン、死去

twitterツイート

エルトン・ジョン、ニール・ダイアモンド、バリー・ホワイトらと契約を交わし、彼らほか、フランク・シナトラ、ビーチ・ボーイズ、オリビア・ニュートン・ジョン、スモーキー・ロビンソンらとタッグを組み数多くのヒット曲を世に送り出したベテランA&R、ラス・リーガンが、日曜日(5月27日)米カリフォルニア州にある自宅で亡くなった。89歳だった。

◆エルトン・ジョン&ラス・リーガン画像

ソングライター/プロデューサーとしてキャリアをスタートした彼は、モータウン・レコードのプロモーション・チームの一員となり、マーヴェレッツの「Please Mr. Postman」をはじめ、シュプリームス、スモーキー・ロビンソン、スティーヴィー・ワンダー、テンプテーションズらのヒット曲を手掛けた。その後、Uni Records、20th Century Records、ポリグラムなど様々なレーベルでその手腕を発揮。「曲を聴けばヒットするかわかる、黄金の耳を持つ」と評されていたという。

エルトンは「RIP Russ Regan 僕を信じ、僕のキャリアの始動を助けてくれて、ありがとう」と追悼の言葉を寄せている。『Ultimate Classic Rock』によると、ダイアモンドは「ラス・リーガンはUni Recordsの初期、僕のためにそこにいてくれた」「全ての面で素晴らしい人だった。音楽業界にとって悲しい喪失であり、時代の終わりだ」とのコメントを出したという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報