【ライブレポート/写真166点】初開催<ビバラポップ!>はアイドル愛とドラマの連続

ツイート
▲オープニング〜最高じぇねれーしょん/Garden Stage(写真全6点)

さいたまスーパーアリーナ前の野外スペースに設置されていたGarden Stageは、観客席の前方が<ビバラポップ!>のチケット購入者エリア、後方は一般来場者用に開放されていた。ステージの周辺は飲食ブースとなっていて、ゴールデンウィーク最終日ということも重なり、フェス来場者のみならず、家族連れなど、開演前からさまざまな人たちで賑わっていた。

12時15分にMCの団長(NoGoD)と西井万理那がGarden Stageの開幕を告げると、最初に登場したのは最高じぇねれーしょん。まお(そのしすたぁ)、夏花、ぱぴむムの3人組は、事前オーディション「ビバラオーディSHOW!」で「ビバラポップ!賞」を獲得し、このステージへの出演を果たした。

冒頭の“それでは最後の曲です”というMCで観客の笑いを取ると、ハイテンションなパフォーマンスで「プライベートピーチ」を披露。この1曲に全力を注いだ彼女たちは、Garden Stageを見事にわかせてステージを去っていった。

▲吉川友/Garden Stage(写真全7点)

Garden Stageの実質的なオープニングを飾ったのは吉川友。初開催となる<ビバラポップ!>Garden Stageのトップバッターという大役を任された彼女は、バンドセットという特別感のある編成でステージに臨んだ。生バンドが生み出すノリのよいグルーブと音圧のあるサウンドに乗りながら、吉川は晴天の野外ステージに心地よい歌声を響かせ、拍手やジャンプを煽ることで、観客のテンションもどんどん高めていった。中盤には、<ビバラポップ!>プレゼンターの大森靖子が提供した「ときめいたのにスルー」と「歯をくいしばれっっ!」を歌唱。大森やフェスへの熱い想いをこめた力強いステージを披露した吉川は、Garden Stageの口火を見事に切ってくれた。

▲ゆるめるモ!/Garden Stage(写真全6点)

ゆるめるモ!の出番が近づくと、Garden Stageの観客エリアは彼女たちの登場を待つオーディエンスであっと言う間に埋まっていく。その中には、ゆるめるモ!のみならず、ほかのグループのTシャツを着ている人も少なくなく、彼女たちへの注目度の高さが伺えた。1曲目の「ミュージック 3、4分で終わっちまうよね」から“ビバラ叫べ!”と観客を煽り立てると、会場のボルテージは急上昇。オーディエンスは、「Youとピアザ」ではメンバーと一緒にタオルを振り回し、「Only You」では“本当のことを言うと、メイン・ステージ(Star Stage)に出たかった。でも、ここをメイン・ステージ以上に盛り上げたいから、みんな手を挙げて”というメンバーのアジテートに拳を高々と挙げて応える。ゆるめるモ!とオーディエンスの一体感は抜群だ。吉川と同じく彼女たちも大森靖子作詞&作曲の「うんめー」をセットリストに組み込んでいたが、このフェスはアーティスト同士の繋がりが深いことを感じさせてくれた。最後に彼女たちの強いメッセージがこめられた代表曲「逃げろ!!」を投下すると、観客のテンションは最高潮に。ゆるめるモ!は、Garden Stageに笑顔と熱狂を見事に残してくれた。


▲DJダイノジ(大谷ノブ彦)/Garden Stage(写真全8点)

▲LADYBABY/Garden Stage(写真全7点)

アップアップガールズ(仮)や大森靖子、団長(NoGoD)が参加し、アイドル、J-POP、アニソンのキラーチューンを連発したDJダイノジ(大谷ノブ彦)のDJタイム、全国のマスコットキャラクターたちによる綱引き合戦などが行われたゆるキャラショータイムに続いて、Garden Stageに姿を表したのは、LADYBABY。今年から始動した新体制のお披露目ツアーを4月に終えたばかりの彼女たちは、ラウドなヘヴィロックサウンドと有馬えみりのグロウルで、直前のゆるキャラショータイムのふんわりとした会場の雰囲気を一気に凶暴な世界観へと塗り替えた。この日初披露となった大森靖子提供の「bite me」は、“モグモグ”という食べる様の振り付けが印象的で、ブレイク時の“あむ”というメンバーの掛け声に熱い歓声が上がっていた。新メンバー3人も大きな存在感を出しながら、最後まで力強いパフォーマンスを放ち続けたLADYBABY。これからの4人での活動への期待感を高めてくれるステージだった。

▲バンドじゃないもん!/Garden Stage(写真全7点)

Garden Stageも終盤にさしかかり、ここで日が沈む前に団長(NoGoD)と西井万理那が音頭をとって観客たちと記念撮影。バンドセットがしっかり組まれたステージにはバンドじゃないもん!が登場した。大桃子サンライズの「かかってこいよ!」という煽りから「キメマスター!」を皮切りに、オイコールが炸裂する「Q.人生それでいいのかい?」や観客席にサークルモッシュを発生させての「タカトコタン-Forever-」など得意のお祭りナンバーを連続させて盛り上げていく。夏フェスの時期へ向けての<ビバラポップ!>初参戦だ。途中のMCでは最新シングル曲「BORN TO BE IDOL」の話題になり、楽曲紹介でプロデュース担当であるHISASHIの存在について気にしたところ、じつは現場にHISASHIがお忍びで来ていたことが発覚。会場が一気に沸き返った中で、気合の入ったパフォーマンスで最後まで突っ走った。

▲アップアップガールズ(仮)/Garden Stage(写真全7点)

熱気漂うGarden Stageのトリを飾ったのはアップアップガールズ(仮)。現在の5人体制になってからSEや楽曲のアレンジはよりソリッドに、エレクトロ色が強いものへと変化したものの、こちらもアスリート並みのカロリー消費量を誇るハイテンションなナンバーで攻める。1曲目には大森靖子が提供した「(仮)は返すぜ☆be your soul」をチョイス。関根梓が「ここで体力使い切る準備できてますか!」と観客に煽りをいれ、観客エリアの外へも呼びかけながら「イチバンガールズ!2017」から「アッパーカット!」まで5曲をノンストップで披露した。汗をかきながら「<ビバラポップ!>最高!」と爽やかな叫びをあげた彼女たちだったが、ラスト前には新井愛瞳が「早く終わらないと道重さんが観れないので」と会場の笑いを誘いながらも、「最近悲しいニュースが多いです」と先日解散を発表したライバルたちである(同時に、盟友でもあった)チャオ ベッラ チンクエッティやCheeky Paradeらの解散についてふれ、「アップアップガールズ(仮)はそんな荒波も乗り越えて、まだまだアイドル界を走り抜けていく気でございます! 今後も応援よろしくお願いいたします!」と熱い思いを訴えかけた。ステージラストを飾ったのは6月に発売されるニューアルバムから「私達」。“心から愛をこめて”とサビを歌い上げるアプガの5人は、この5月6日で活動8年目に突入している。

■クレジット(対応写真については各写真ページ参照)
Photo by Tetsuya Yamakawa
Photo by Yoshio Nakaiso
(c)ビバラポップ! 2018 All Rights Reserved.

◆Star Stage前半レポ
◆Star Stage後半レポ
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報