ジョン・ボーナム、誕生日に故郷で銅像建立

twitterツイート


レッド・ツェッペリンのドラマーだった故ジョン・ボーナムの70回目の誕生日にあたる5月31日、ボーナムの故郷、英国ウスターシャー州レディッチに彼の銅像が建立された。

◆ジョン・ボーナム像 画像

銅像は、John Bonham Memorial Fundからの依頼で彫刻家のMark Richardsが制作。表ではドラムをプレイするボーナムの姿をとらえ、裏側はレッド・ツェッペリンのアルバム『Houses Of The Holy(聖なる館)』(1973年)のアートワークに登場する岩場にインスパイアされたデザインで、ボーナムの名や「あの時代最も傑出し独創的だったドラマー、ジョン・ボーナムの人気と影響力は、音楽の世界に限らず共鳴し続ける」と刻まれている。

除幕式などは開かれず、銅像は一夜にして、街の中心部にあるMercian Square、図書館前に設置されたという。

銅像の建立は昨年、市から許可が下り、ボーナムの妹デボラさんは「やったわ、すごく嬉しい!」とBBCにコメントしていた。

史上最も偉大なドラマーの1人に挙げられるボーナムは1980年9月、飲酒後、吐しゃ物を喉につまらせ死亡。まだ32歳だった。



Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報