Superfly、道ならぬ恋に誘う魔女に扮したMV

twitterツイート


6月6日に発売されるSuperfly23枚目のシングル「Bloom」収録曲にして、TBS系ドラマ『あなたには帰る家がある』の主題歌を飾る「Fall」のミュージックビデオが公開された。

◆「Fall」MV映像

同映像ではSuperflyが運命の赤い糸を操る魔女に扮し、ドラマを連想させるような“道ならぬ恋”に人々を誘うストーリーが展開されている。歌詞は「魔が差す」という言葉を軸に書かれており、Superflyの越智志帆自身がこの歌詞について「歌の主人公は“人に魔を差すこと”を仕事でしている、ファンタジーな存在」とインタビューで語ったことから企画されたようだ。

クリエイティブディレクターに中川真仁、監督に大久保拓朗をむかえた今作。Sueprflyが「運命を操ることが仕事」の魔女に扮し、赤い糸を結んだり切ったりすることで人々を翻弄していく。妖艶なハンドダンスを交えながら、真っ赤な世界の中でスタイリッシュかつミステリアスに描かれている。また、魔物らしい長いネイルやこれまでのミュージックビデオでは見られなかったメイクが施されており、ファッショナブルな魔女姿が印象的だ。

Superflyは「人のカタチをした魔物の物語を歌詞の世界で表現しました。Music Videoとして映像化されるにあたり、魔物=魔女を演じる感覚が新鮮で楽しかったです」とコメントを寄せている。


楽曲は、SOIL&”PIMP” SESSIONSのリズム隊参加の強力ジャズアレンジにのせた妖艶かつパワフルなボーカルで、Superflyの新たな一面を感じさせるナンバーだ。なお、ニューシングル収録の「Bloom」「Fall」はともに先行デジタル配信中である。

▲シングル「Bloom」

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報