<Sonar 2018>、「SonarDome by Red Bull Music」にてゲーム音楽のレジェンドやRBMA TOKYO 2014から生まれたユニットなど出演決定

twitterツイート

6月14、15、16日、スペインバルセロナで開催されるアドヴァンスド・ミュージックとマルチメディア・アートの国際フェスティバル<Sonar>。長年に渡るパートナーシップを続けているステージ「SonarDome by Red Bull Music」では、今年20周年を迎える「Red Bull Music Academy(以下 RBMA)」の卒業生たちも多数出演する。


2014年に開催されたRBMA TOKYOに参加し、それ以来親交を深めた卒業生、エンジェル・デラドオリアンとケイトNVによるプロジェクト「DECISIVE PINK」は、今回SONARにてライブパフォーマンスを世界初披露。またゲーム音楽に焦点を当てたRBMA TOKYO 2014のプログラム「Diggin' In The Carts(以下DITC)」のディレクター、ニック・ドワイヤーが、DITC音名義で日本の埋もれたチップチューンにダンスフロアで息を吹き込む。



さらに、フライング・ロータスやジャスト・ブレイズなど、世界中のエレクトロニック・ミュージシャンに影響を与えたとされるゲーム『ベア・ナックル』(1991年)の作曲家、古代祐三と川島基宏がクラシックゲーム音楽を中心としたライブを、そしてKode9は日本のアニメ監督で映像作家の森本晃司の映像とともに、日本のビデオゲーム音楽にインスパイアされたライブセットを披露する。




SonarDomeでは他にも、DJスティングレイ X マムダンス、ダブリー、ソフィー、トニー・アレン x アンプ・フィドラー、トニー・ハンフリーズや、今回の<Sonar 2018>にてデビューを飾る、Kornel Kovacs、Axel Boman、 Pedrodollarによるユニット「Studio Barnhus」などが出演。<Sonar 2018>全体ではトム・ヨーク、LCDサウンドシステム、アルヴァ・ノト and 坂本龍一、ジョン・タルボット、DJハーヴィなど、 今年も大注目のアーティストたちが集結する。

<Sonar 2018>

2018年6月14日(木)〜2018年6月16日(土)
SonarDome by Red Bull Music 出演者:
Alex Silva Live Band(CanadianDuckTapes/ES)・Amp Fiddler & Tony Allen(US-FR)・Big Menu & friends(BigMenu/ES)・Chloe - Slow Molive(LumiereNoire/FR)・Claude Speeed(PlanteMU/UK)・Clip & Cora Novoa Live(ES)・Dabrye & Kadence(GhostlyInternational/US)・DECISIVEPINK(US-RU)・DITC音(NZ)・DJ Ear l& Nick Hook Live AV(Fool’sGold/US)・DJ Stingray x Mumdance(US-UK)・Emma -Jean Thackray pres. Walrus(Walrus/UK)・Kode9 x Koji Morimoto AV(UK-JP)・Museless(Luup/ES)・Ok Lou(Permalnk/FR)・Rainforest Spiritual Enslavement(Dominick Fernow x Philippe Hallais x Silent Servant)(Hospital Productions/US)・SOPHIE(Transgressive Records/UK)・Studio Barnhus(SE)・Suzanne Kraft x Jonny Nash(Melody As Truth/NL)・Territroy Live(GR)・The Venopian Solitude(MY)・Tony Humphries - Revolutionson Air DJ-set(US)・Violetx Photonz(PT)・Yuzo Koshiro x Motohiro Kawashima Live(JP)

◆<Sonar 2018> オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報