<Amuse Fes>、ポルノ、Perfumeら“雨”“晴”チームの豪華競演に18,000人熱狂

ツイート
Photo by 上山陽介

アミューズ所属アーティストが一堂に会する音楽フェス<Amuse Fes in MAKUHARI 2018 -雨男晴女->が、6月2日、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。

◆<Amuse Fes in MAKUHARI 2018>画像

<Amuse Fes>は、2013年から2015年に開催された野外フェス<BBQ in つま恋 ~僕らのビートを喰らえコラ!~>を前身とする音楽イベントだ。2017年から季節も場所もリニューアルし、今年で2年目、通算5回目の開催となる。

当日は、昨年に続いての出演となるポルノグラフィティ、Perfume、FLOW、WEAVER、高橋優、藤原さくらに加え、Rihwa、辻村有記、フレデリック、エドガー・サリヴァンらアーティストが登場。さらに“アミューズスペシャルバンド”として、BEGINから島袋優、上地等、flumpoolから阪井一生、小倉誠司、FLOWからGOT’S、WEAVERから杉本雄治が参加し、当日までシークレットとなっていたサンプラザ中野くんも加わって、ジャンルも世代も超えた豪華な競演で約1万8,000人のオーディエンスを魅了した。以下、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

今年は“晴チーム”と“雨チーム”に分かれてのチーム対抗戦の要素もあり、勝敗は観客に委ねられるという熱い展開に。晴チームのトップバッターで登場したFLOWは、代表曲「GO!!!」から「Steppin' out」で一気にオーディエンスの心をつかむと、「終わった後に晴れた夜空に浮かぶ星を見上げましょう! 感謝の気持ちを込めて一曲」(KEIGO)と、晴チーム勝利への願いをこめた「流星」を歌い上げた。しっとりした雰囲気から一転、「元気をわけてくれー!」の言葉と共に大ヒットアニメの主題歌をカバーした「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をはじめ「Around the world」「COLORS」で再び会場を熱くさせ、<Amuse Fes in MAKUHARI 2018 -雨男晴女->のスタートを切った。

▲FLOW Photo by 西槇太一

続く雨チームからはWEAVERが登場。「WEAVERの雨ソング「BLUE」!」と、雨チームのトップバッターにふさわしいしっとりとした曲からスタート。「去年のフェスより盛り上がってない!?」と今年のフェスの盛り上がりに喜びをあらわすと「雨チームを応援しにきた人ー? 晴チームと一緒くらいやな。こっからは僕たち次第ということですね!」と意気込み、新曲「Hello Future」を披露。最後は「Shine」で締めくくると、晴れチームのRihwaへとバトンタッチした。

▲WEAVER Photo by 山川哲矢

▲Rihwa Photo by 上山陽介

代表曲「春風」をしっとりと歌い上げたRihwaは、「昔はズボンやキュロットしか着たことなかったんですけど、東京にはいろんな格好の人がいてすごい勇気をもらって、ここ何年間でスカートを普通にはけるようになりました。そんな人はこの中にもいっぱいいるかな……」と曲に込めた思いを語り「Swing Swing♪」を披露。軽快なバンド演奏と共に、タンバリン片手に広いステージを駆け巡り会場を盛り上げる。そして「ここで皆さんに会えたのも何か意味があったと思います。心を込めて歌います」と、今日の出会いに感謝の気持ちを込めた「ミチシルベ」を力強く包み込むような歌声で届けた。

次は雨チームの辻村有記がイントロで「幕張ー! 踊ろうぜ!」と叫ぶと、ダンスチューン「Into U」を披露。「na na na」では「楽しいフェスにしようぜ!」のかけ声と共にアップテンポな曲で会場を盛り上げた。続けて<HANDSOME FILM FESTIVAL 2017>のために書き下ろした「Actions Over Words」を披露すると、「雨男の辻村有記でした!」の言葉と共に「Ame Dance」で締めくくった。

▲辻村有記 Photo by 西槇太一

そして今年の目玉であるアミューズスペシャルバンドが登場。アミューズスペシャルバンドには、BEGINから島袋優、上地等、flumpoolから阪井一生、小倉誠司、FLOWからGOT’S、WEAVERから杉本雄治が参加。バンドメンバーの呼び声で、サプライズゲストとなるサンプラザ中野くんがステージに現れると、会場からは割れんばかりの歓声が。「発売から30年!ありがとう!「Runner」!」のかけ声でFLOWのKOHSHI、KEIGOを引き連れて熱唱。KOHSHI、KEIGOは場内を走り回る熱いパフォーマンスを見せ会場のボルテージはMAXに。「次のゲストボーカルはこの方!」とflumpool・阪井一生が呼び込むと、ポルノグラフィティ・岡野昭仁が登場。「flumpoolの隆太が良くなって、またステージに戻ってきてくれることを願って歌います」とflumpoolの「星に願いを」を歌いあげ、先輩後輩の絆に会場中が感動に包まれた。

MCで、阪井が「半年ぶりのライブなんで、手がふるえています。続いて(島袋)優さんの曲やりましょうよ。ゲストはこの方です!」と呼び込むと、「はいさーいどうも、比嘉栄昇です」「めんそーれー」と言いながら高橋優が登場すると、阪井が「(出身)秋田でしょ!」のツッコミを入れて会場を沸かせた後、高橋をボーカルに据えてBEGINのヒット曲「海の声」を披露した。

▲AMUSE SPECIAL BAND(左より、杉本雄治、島袋優、KEIGO、GOT'S、サンプラザ中野くん、小倉誠司、KOHSHI、阪井一生、上地等)Photo by 上山陽介

▲左より、のっち、佐々木萌、あ~ちゃん、Rihwa、かしゆか、藤原さくら Photo by 上山陽介

阪井の「早いものでラスト一曲となります!」の声と共に、今回のフェスに参加しているPerfume、Rihwa、藤原さくら、エドガー・サリヴァンの佐々木萌といった女性ボーカルたちが集結。そしてここからはWEAVER・河邉も加わると、Perfumeのあ~ちゃんが「後ろにBEGINさんいるんだよ! やばくない? flumpoolもWEAVERもFLOWさんもいて。「Runner」めっちゃびっくりしたんだけど! 最高だったね!」とサンプラザ中野くんが登場したことにもふれ、豪華メンバーが勢ぞろいしたことを興奮気味に語った。曲紹介では「みんなにも声を出してほしいところがあるんですよ。聞けば分かると思う! アミューズの先輩の曲を歌います。」と語り、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」を披露すると「いま何時!?」「そうねだいたいね~!」の掛け合いで会場が一体となった。

◆レポート(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報