【インタビュー】SPARK!! SOUND!! SHOW!!、1stアルバム完成「今が最強」

twitterツイート

スサシことSPARK!! SOUND!! SHOW!!が6月6日、アルバム『火花音楽滙演(ヒバナオンガクカイエン)』をリリースする。数々のフェスやイベント出演をはじめ、Creepy Nutsの『クリープ・ショー』(2018年4月発表)収録曲「ぬえの鳴く夜は」にてスサシの「Swinga!」がサンプリングされたほか「新・合法的なトビ方ノススメ」では演奏を務めるなど、着実に確実に、しかしフルスロットルでシーンを駆け抜けてきた彼らのキャリア初フルアルバムの完成だ。

◆「OEO」ミュージックビデオ

セルフタイトルを掲げた『火花音楽滙演』には、音楽ジャンルといった概念を木っ端微塵に打ち砕いて確立したオリジナリティ溢れる全11曲を収録。2017年3月のタクマ(syn / G)加入後の初全国流通作品という意味ではバンドの進化が如実に表れ、現メンバー体制にて再録した既存曲を含むという意味では渾身のベスト盤的な側面も併せ持つ。さらには、FACT時代から親交のあるJoy OppositesのTomohiro(B)とEiji(Dr)がサウンド面をあらゆる角度からサポートするなど、その音抜けはあまりにも素晴らしい。

BARKSは結成から現在までの経緯を紐解きつつ、フルアルバムに込めた思いを語ってもらったメンバー全員インタビューと、Joy OppositesのTomohiro(B)とEiji(Dr)を迎えた両者対談の2wayから、凶暴でメロウな『火花音楽滙演』の制作秘話と創造した未来を解き明かしていく。なお、インタビュアーは以前からスサシをよく知るあたそ氏が務めた。まずは全員インタビューから。

   ◆   ◆   ◆

■バンドって凄く難しいけど
■希望ってちゃんと見えるんやなと

──スサシは、(タナカ)ユーキ(Vo / G)くんとチヨ(B / cho)くんが、地元である大阪でずっと一緒にやってたんだよね?

ユーキ:そう。スサシの前にやってた俺のバンドが解散して、新しくバンドを始めようとした時に誘ったのがチヨで。結成当初は、ボーカルとラップが居る5ピースっていうゼブラヘッドみたいな編成だったんだけど、そのボーカルがすぐ抜けて。

チヨ:ライブ3回で抜けたんちゃう?

ユーキ:だから、俺、本当はボーカルじゃなかったんだけど、ライブも決まってたし、歌うしかないってなって。そのあと他のメンバーが抜けて抜けて……チヨが残ったって感じやね。

チヨ:僕が高1のとき、ユーキくんの前のバンドをよく観に行ってて、“カッコいいなあ、この人”って思ってましたね。彼がやってたバンド、高槻市でもちょっと有名だったんですよ。僕はもともとL'Arc-en-Cielがめっちゃ好きで、グリーンデイをきっかけに音楽にのめり込んでいったんですけど、それからユーキくんとメロコアとか洋楽パンクの話とかよくするようになって。2つ先輩だったし、すごく仲がいいわけじゃなかったけど。

──イチロー(Dr)くんが加入したことをきっかけに上京して、2017年3月にタクマ(syn / G)くんが加入。メンバーチェンジも何度かあったから、やっと落ち着いた感じがするね。タクマくんが加入したことで、バンド内の変化も?

ユーキ:作曲の仕方は変わったね。前までは、俺が「ドッパン!ドドパン!」とか口で言ったのを、みんなで集まって「ここ、こういうことやんな?」とか推理みたいな感じで曲をアレンジしてたんだけど、タクマが入ってから“ハイパー円滑”になっていったかな。今回でいうと「ポップらしい」とか「OEO」みたいなバンドサウンドっぽい曲は、俺が弾き語りしながらイチローにドラムを叩いててもらって、そのデモをタクマに投げて、ベースとシンセを入れてもらってという作曲の仕方ができるようになったから。既存曲も、伝わり切ってなかった部分をタクマが全部PCでパリッとしたアレンジにしてくれるし、いろんな意見もくれるから、単純に曲のクオリティが上がったかな。

▲1stフルアルバム『火花音楽滙演』

──それは、バンドにとってはかなり大きな変化じゃない? タクマくんは、どういう経緯で加入したの?

タクマ:3〜4年くらい前だったかな、もともとは俺の前のバンドのサポートをイチローにやってもらってたんですよ。ほとんど連絡なんて取ってなかったのに、去年の冬くらいにイチローからいきなり電話が来て、“どうしたんだ!?”と思って出たら、「ちょっとまだ言えないんだけど……ミカテラ(Key / Vo ※2017年2月脱退)が抜ける」って聞いて。俺はユーキくんともチヨともそんなに話したことなかったけど、いいバンドだと思ってたからビックリしたんだよね。そうしたら、「俺はタクマにやってほしいと思う」みたいな。「え、いいけど……ほかの2人は知ってるの?」って聞いたら、「まだ言ってない」と……。俺もイチローの性格を知ってたし、ちょうど家も近かったから、とりあえずユーキくんと飲んでチラッと話してみるか、みたいな感じで。

ユーキ:いや。俺、そのときイチローから何も聞いてなかったから、ほとんど話したことないタクマからいきなり誘われて、「え? どうしたんやろ、こいつ……」と。

タクマ:え!そうなの!? 俺、「話しといてよ!」ってイチローに言ったのに!

イチロー:知らん!

チヨ:タクマはイチローの気持ちに応えてくれて、最初から「やりたい!」みたいなノリがすごかったんですよ。でも、僕とユーキくんは何も聞いてなかったから「こいつ、めっちゃやる気あるやん!」って思ってた。僕はタクマと全然絡みがなくて、スタジオの前後に一回軽く飲んだ程度やったんですけど、実際に一緒にスタジオ入ってみて、“あ、イケるな”という感触もあって。それから、正式加入ってことになっていったのかな。自然すぎてあんまり覚えてないけど。

タクマ:みんなと話してるときに「ライブでやる曲もできたほうがいいよね」みたいな流れがあって、「あ、俺入るんだ」って。「俺入ります!」とか宣言したわけじゃないんだけど……俺、めっちゃスベってんじゃん(笑)!

ユーキ:いや、ありがたかった。俺的にタクマって発想はあんまりなくて。でもスタジオ入ってみたら、「めっちゃええやん!」と。

チヨ:そのあとは、いろんなことがトントン拍子に進んでいったんですよ。ちょうどCreepy Nutsがインディーズ2枚目の『助演男優賞』を出すタイミングで、今の4人で初めて作ったのが、彼らからオファーを受けたバンドリミックス。

ユーキ:一緒にスタジオ入るうちに、曲作りでも練習でも「タクマ、こんなこともできるんや」って。

タクマ:リミックスのときは時間なくて、早くやろうってなってたから、ドラムが打ち込みだったし。イチローは何もしてないもんな?

イチロー:何もしてない(全員笑)!

ユーキ:タクマを加入させるっていう最大の功績の逃げ残しやな。

チヨ:ミカテラはボーカルとかもやってたから「抜ける」って言われたときは光がなくなったというか。この先どうなるんだろう、バンドもどうなっちゃうんかなあ、みたいな感じになって。バンドって同じものを目指していないと簡単なことも決まらなくなるし、ライブや演奏にも出ちゃうからすごく難しいな、と思ってたんです。でも、そこにタクマが来てくれて、スタジオに入って同じ方向を見てくれていることがわかった。それから物事がスムーズに決まっていくし、気も合うし、単純に楽しい。希望ってちゃんと見えるんやなあ、って思いましたね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報