【連載】KO KIMURA、キャリア33年を誇るDJによるコラム 「Underdigic」

twitterツイート

2018年でプロDJ歴33年を迎えたカリスマDJのKO KIMURA。クラブ創成期から、現在までシーンをリードし続けているのはもちろん、特に、国内のハウスミュージックシーンにおいて、現在活躍する多くの若手〜中堅DJたちに多大な影響を与えてきたDJである。そのDJ歴のほとんどを最新の曲を探しディグすることに費やし、グルーヴ感と選曲でフロアを魅了しながらも、現在進行形で最新のダンスミュージックやDJスタイルを追求する姿勢は、国内のみならず、海外にもファンが多く、海外公演等も積極的に敢行中だ。

DJ活動の傍ら、1940年代のオートバイのレストア方法をハーレー誌に連載、世界を股にかける食べ歩きがWEBや書籍にて記事化、アニメーション関連の活動も積極的に行うなど、過去の布石やカルチャーメイクだけに留まらず活動しているKO KIMURAが、今、海外のアーティストやDJたちと国内外を飛び回っている。それは、“DJ”という職業や生き方を超越しているとも言うことができ、またその延長線上において、一年中、世界中の優美な文化とコラボレーションを繰り返す“旅”に出ているともいうことができるだろう。

この新連載となるコラムでは、月に一度の更新と共に、めまぐるしいDJ活動と並行するかのように、貪欲に“Culture meeting”という生き方を実践するDJ、KO KIMURAに迫っていく予定だ。

◆ ◆ ◆

■DJ x クラブ x 食という
■新しいスタイルのあり方と文化の創造

“職業はDJ”と聞いて、実際にDJと言えば“キュッキュッ”っとスクラッチをしてる人、もしくは、「次のゴキゲンなナンバーは……」っていう感じで、次の曲をかける前にMCを入れている人——。もしくはそこまで古典的なDJのスタイルでなくとも、派手なヒット曲をかけてお客さんをガンガン盛り上げている姿を想像する方は多いと思います。まあ、世の中のDJ のイメージと言えば大抵そうであると思います。そしてさらに言うと、“DJって他人の曲をかけて盛り上げているだけなのに”なんであんなにドヤ顔で俺が盛り上げてます!みたいな顔が出来るんだ?”なんて思ってらっしゃる方も多いことでしょう。

実際にそんなDJの方もいらっしゃいますが、自分がやっているDJという職業は、自分が世界中から集めてきた様々なバリエーションに富んだ曲を、T.P.Oに合わせて直ぐさまその膨大な引き出しから出してきて、今一番その空間が素敵な空間になるようにPLAY出来る“空間コーディネーター的なもの”であると思っています。世の中にある美味しい食材を集めて、それを自分だけの料理法で料理することによって、同じ肉と野菜を使っているのにカレーにもなり、シチューにもなり、肉じゃがにもなる……という感じで自分の個性を出せる“料理人”と同じだと思うのであります。

もちろん、料理人がこだわりの料理を作りたいがために、最後には自分の畑で野菜まで自家栽培始めた……ということと同様に、自分のDJに使うためにDJ用のトラックを作り出してリリースを始めたというDJもたくさんいます。また、コース料理の食前酒から前菜〜メインディッシュ〜デザートまでの流れを料理人の方が考えられるように、DJも自分のプレイ時間の中で、“これは食前酒のような曲なので最初にプレイして皆を自分のDJの注目させる、これは前菜のような曲、そしてこれはメインディッシュになるようなヒット曲、そして締めのデザートのような曲……”なんていう事を考えた上で曲順を考え、目の前で踊っているお客さんを見ながらその場の雰囲気を読んで選曲しているわけです。

では、そんな一流のコース料理を出す寿司職人さんが、寿司を握る流れに合わせてDJが選曲すると、より一層クリエイティヴで新しい“食と音楽(ダンスミュージック)を繋ぐ”空間が生まれるのではないか?ということで、そんなイベントのために大阪に行って参りました!



大阪の有名寿司店「鮨 村上二郎」さんと、僕、「KO KIMURA」と「Club ZAKURO」によるコラボレーション。まさにDJ x クラブ x 食が織りなす文化の融合です。




選び抜かれた食材を使って、次々と握られる極上の鮨のコースに合わせ、現場の雰囲気を読みながら最先端のダンスミュージックをプレイするという……! まだ初めに出される白身の段階だからこのあたりの曲で。トロやウニが来たからこれだ!なんて考えながらプレイするDJの時間は、目の前でお客さんをどうやって躍らすか?というように、考えて選曲を続けていくのと同じで面白い催し。ラストはお越し戴いた皆様に笑顔で帰って頂けました! 日本食にとどまらず、こういった食文化とダンスミュージックによる催しにも、DJの音楽センスや存在そのものが活かせるのは面白い試みですよね!

編集協力:NazChris

◆KO KIMURA オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報