【ライブレポート】the band apart、20周年ライブで魅せた濃厚なアンサンブル

twitterツイート

“(バンド結成から)20年に入って、歌うことが分かってきた。(渡辺)美里さん張りのMy Revolutionが起きて…”と荒井岳史(Vo&Gt)がMCすると、会場は和やかな笑いに包まれた。

今年バンド結成20年というアニバーサリーイヤーを迎え、ファンのリクエストを踏まえてセットリストを組んだ<20周年記念リクエストツアー>を初開催したthe band apart。4月の仙台公演を皮切りに計8公演行なわれ、5月27日の新木場Studio Coast公演は最終公演となった。まず会場に入ると、1階のフロアーはもちろん、2階席を含めてびっしりと観客で埋まっている。開演前からすでに祝福ムードが漂う完全ソールドアウト状態である。


取材・文:荒金良介
撮影:Rui Hashimoto

<PLAYTHINGS × rawer than raw>イベント情報

公演日:2018年7月7日(土)
会場:上野水上音楽堂
開場時間/開演時間:12:15 開場 / 13:00 開演
出演者:荒井岳史(the band apart) / 五味岳久(LOSTAGE) / 日高央(THE STARBEMS) / フルカワユタカ / 渡邊忍(ASPARAGUS) / Kazuhide Takamoto(COMEBACK MY DAUGHTERS) / Keishi Tanaka / TGMX(FRONTIER BACKYARD)
DJ、Percussion:木暮栄一(the band apart) / DJ: 松田"CHABE"岳二
FOOD & DRINK:長野 志賀高原ビール/三軒茶屋 クジラ荘(HOT DOG)/渋谷 麵屋ぬかじ(らーめん)/松陰神社前 マルショウ アリク(牡蛎屋)/新代田 RR - coffee tea beer books -(COFFEE STAND)
お問い合わせ:DISK GARAGE(平日12:00~19:00) 050-5533-0888
◆<PLAYTHINGS × rawer than raw>チケット情報ページ
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報