イン・シンクのランス・バス、彼の子供を産む代理母と「良好な関係を築きたい」

ツイート

代理母を介して子供を持つことを決断したイン・シンクのランス・バスと2014年に彼と結婚したマイケル・ターチンは、その代理母である女性と良好な関係を築き、それは子供が誕生した後も続けていきたいと考えているそうだ。

◆ランス・バス&マイケル・ターチン画像

ランスは『People』誌にこう話した。「(父親になることは)すごく不安だしナーバスになっているけど、素晴らしいことになると思ってる。最高の医師と代理母を見つけたんだ。全て順調だ。もうすぐ実現する」

「彼女は僕らの近くに住んでいる。だから、ちょくちょく彼女と会い、僕らは彼女の人生の一部になれると思うよ。彼女も僕らの人生の一部になる。この先の人生ずっとでね。素晴らしいことになるよ」

また、子供のゴッドファーザーは候補が多すぎて、1人を選ぶつもりはないそうだ。

ランスは2006年にカミングアウトし、画家/俳優のマイケル・ターチンと3年の交際を経て、2014年12月に結婚した。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス