ましのみ×eggmanの共同ごちゃまぜイベント、こりずに第二回決定

twitterツイート

ましのみとライブハウスshibuya eggmanとの共同企画<スクランブルエッグ 〜スクランブられずスクランブりまshow〜>が2018年6月2日(土)に開催された。

◆ライブ画像(ましのみ、カノエラナ、いちろーとせんせい from東京カランコロン、新しい学校のリーダーズ、Swimy)

現役女子大生シンガーソングライターにしてライブでは自由なエンターテイナーぶりを炸裂させている”ましのみ”。今回のイベントはそんな彼女らしく、スクランブルエッグというタイトルのもとシンガーソングライターからバンド、異色のダンスパフォーマンスユニットなどをごちゃまぜにしたものとなった。参加者は発起人のましのみのほか、カノエラナ、いちろーとせんせい from東京カランコロン、新しい学校のリーダーズ、Swimyの5組。オフィシャルレポートが到着したのでお届けしよう。

   ◆   ◆   ◆

■<スクランブルエッグ 〜スクランブられずスクランブりまshow〜>ライブレポート

▲Swimy

開演前は高揚感と一体どんな日になるんだろうという期待感で包まれていた。
1番目に登場したのは"Swmiy"。

ドラムレスで男女ツインボーカルという非常に珍しい編成で、ギターボーカルのTakumiはハンドマイク、ベースボーカルの平成のまおはシンセベースと、コロコロと色が変わり非常に興味を惹くライブを披露してくれた。

これはこのバンド独自の進化の賜物と言えるだろう。

30分というライブの中で多種多様な変化を見せてくれたSwimyは本イベントのトップバッターにふさわしいパフォーマンスを披露した。

▲いちろーとせんせい from東京カランコロン

そして2番目は"いちろーとせんせい from東京カランコロン"。

こちらは先ほどのSwimyとは打って変わってアコースティックギターとミニキーボードで男女ツインボーカルという比較的シンプルな編成。

シンプルが故に二人の歌声、コーラスワークが際立ち場内に響き渡る。徐々にそれが染み渡っていき観客全てを包み込んでいく様は見ていて非常に心地良かった。

30分という時間では物足りない。この編成でのワンマンを見てみたいと思うほどの出来栄えだったように思う。

▲新しい学校のリーダーズ

温かいほんわかした雰囲気の中3番目に登場したのは"新しい学校のリーダーズ"の登場で、会場は一気に雰囲気が変わる。これはすごい。語彙力に欠けるが本当にすごかった。

キレッキレッのダンスとパフォーマンスに「圧巻」という言葉が一番しっくりくるように思う。「踊る、セーラー服と奇行癖」と評されるパフォーマンス集団の登場に、筆者を含めて場内にいた普段こういった形態のアーティストを見る機会が少ない方にもかなりのインパクトを与えることになった。

本日のスクランブルエッグ感がここでさらに加速したのは言うまでもない。

▲カノエラナ

そんな中、一番シンプルなギター弾き語りという編成で登場したのがシンガーソングライターの"カノエラナ"。

一番シンプルなのにパンチ力抜群。純粋に感心してしまった。
ギターと歌だけでここまでの世界観が作れるのかと。曲ごとに違った表情を見せる様は安定感すら覚える代物で、歌・演奏・MCどれをとっても抜群。全国20都市20公演に渡る弾き語りでのワンマンツアーが6月末からスタートするのでぜひオススメしたい。

▲ましのみ

ここまでお腹いっぱいになるほどのごちゃまぜ感を味わうことができた本イベントのラストを飾るのは共同企画主催者の"ましのみ"。

スタートからアクセル全開のライブでいくのかと思いきやいきなりのバラード。
まさか。1曲目から良い意味で期待を裏切る彼女。
そしてこちらがそういう気持ちを持つことを見透かしたような寸劇。
してやられた。

ライブ開始から5分足らずで場内はもうましのみの虜。
そこからはましのみという極上のエンターテイメントショウに引き込まれるばかり。
ある時はピアノを弾きながら、ある時はワイヤレスマイクでステージ上を所狭しと動き回る。
一時間弱のライブが本当にあっという間で、彼女のライブ力が存分に発揮されていたように思う。

さらに、ライブ中には2018年7月29日(日)にもこの共同企画の2回目が開催されるこが発表され場内は大盛り上がり。

2018年8月1日(水)にはメジャー1stシングル『どうせ夏ならバテてみない? 』のリリース、そして 2018年9月8日(土)には代官山UNITにてワンマンライブの開催が決まっている彼女。

これからましのみ中毒者が増え続けること間違いなしである。

ここまでジャンルがバラバラで、でも全出演者がここまでクオリティの高いライブを披露するイベントはなかなかない。Shibuya eggmanという小規模ライブハウスでの開催だったがもはやフェスと言えるレベルだったように思う。

非常に面白かった。第二回目が楽しみだ。

文:窪田雄紀(shibuya eggman)

   ◆   ◆   ◆

この共同企画の第2回目は、MINT mate box、TENDRELAMPなどを迎えて7月29日(日)に開催。ましのみは8月1日(水)には1stシングルをリリースし、9月8日(土)には代官山UNITにてワンマンライブ<ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2>を開催する。

<ましのみ×eggman presents「スクランブルエッグ 〜スクランブられずスクランブりまshow〜」vol.2>

2018年7月29日(日)shibuya eggman
出演:ましのみ/MINT mate box/TENDRELAMP/etc.
開場:17:00 開演:17:30
前売り:3000円 当日:3500円
チケット: 6/9(土)~発売
e+ (パソコン/スマートフォン/携帯共通)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002263630P0030001

ローソンチケット:74902

<ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2>

2018年9月8日(土)代官山UNIT
open 16:00 start 17:00 
料金:3,500円 (税込:D別)
メールマガジン最速先行 5/27(日) 10:00~6/10(日) 23:59
申込みURL:http://emtg.jp/feature/mashinomi_unit0908_mail/

メジャー1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」

2018年8月1日(水)発売
2018年7月16日(月・祝)よりiTunesほかにて先行配信開始
【初回限定盤】CD+DVD PCCA-04686 2,000 円+ 税
【通常盤】CD Only PCCA-04687 1,200 円+ 税
※プレイパス シリアルコード封入
【CD】
M-1 どうせ夏ならバテてみない?
M-2 海水掛け合いっこ
M-3 コレクション of コネクション
M-4 どうせ夏ならバテてみない? (Inst.) 
M-5 海水掛け合いっこ(Inst.)
【DVD】
V-1 どうせ夏ならバテてみない? Music Clip
V-2 どうせ夏ならバテてみない? Making
V-3 Digest of「 ぺっとぼとリテラシー~別途ほとばしる
ショータイムへようこそ~Vol.1@Shibuya WWW X」

■ましのみライブ情報

7月13日 音霊OTODAMA SEA STUDIO2018
 出演:クアイフ/Q'ulle/STARMARIE/82 回目の終身刑/fhána/ 凸凹凸凹 - ルリロリ-/etc...
7月14日 TREETOP@大阪Shangri-La
6月24日 tvk presents “ドレミの日” スペシャルライブ2018@神奈川県 はまぎんホール ヴィアマーレ
 出演:吉田山田/UNIONE/ましのみ麻生夏子(MC)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報