【インタビュー】<ルナフェス>INORAN編、「つながってくれているものに対する感謝」

twitterツイート

LUNA SEA主宰による史上最狂のロックフェス第二弾<LUNATIC FEST. 2018>が6月23日および24日の2日間、幕張メッセにて開催される。現在まで、既に多くの出演アーティストが発表されているが、ジャンルや時代の壁をぶち壊すラインナップには驚きと同時に、常に新しい風を追い求めるLUNA SEAならでのスタンスが溢れて、あまりにも刺激的だ。

◆<LUNATIC FEST. 2018> 画像

そしてLUNA SEAの5人は4月某日、スペースシャワーTV『PREMIERE of LUNATIC FEST. 2018』の特番収録を実施した。BARKSはその現場に完全密着。<LUNATIC FEST.>初回を詳細に振り返りつつ、第二回目となる<LUNATIC FEST. 2018>の意図と意義、出演ラインナップとLUNA SEAとの濃厚な関係性などが赤裸々に語られた貴重なメンバー全員パーソナルインタビューの全文をここに掲載する。SUGIZO、真矢に続き、第三夜はINORAN。

   ◆   ◆   ◆

■全部がひとつのかたまりのような2日間
■そういう場所にしたかった

──2015年6月以来、3年ぶりに<LUNATIC FEST.>が帰ってきます。まずは前回を振り返って、印象に残っているシーンから教えてください。

INORAN:僕らがホスト役として挑んだ初めてのフェスが3年前の<LUNATIC FEST.>で。まず、あれだけのバンドの方々に自らオファーしたということはもちろん、それ以前にメンバーやスタッフと「どういうものにしようか」っていう話し合いを何度も重ねたという意味でも、準備に何年も掛かったフェスだったんです。

──それだけに充実感も大きかったのでは?

INORAN:うん。終わった後は“本当に出来たんだ!”っていう、そういう想いが強かったですね。だから、印象に残っているのは“感謝しかないフェス”ということで。

──たとえば、INORANさんはD’ERLANGERのステージに飛び入り参加しましたが、そういうセッションも<LUNATIC FEST.>ならではの見どころだったと思います。

INORAN:その日その場所に集まって、出演順に沿ってバンドがただ演奏するだけっていうよりも、もっと入り乱れた感じ。そういうのが欲しかったんだよね。だからほかのメンバーも縁の深いバンドのステージにセッション参加したし。その日のラストには、出演アーティスト全員がステージ上でセッションしたりね。全部がひとつのかたまりのような2日間というか、そういう場所にしたかったので、セッションはやって良かったよね。

──世代もジャンルも異なるバンドをLUNA SEAがひとつにするような一体感がありました。

INORAN:そうですね。いろいろな意味で、絆を強めたイベントになったと思います。

──結成当初のバンド表記であるLUNACYが、<LUNATIC FEST.>のオープニングアクトとして出演することが発表された時は大きな話題となりました。それも結成記念日である5月29日にそれがアナウンスされるというドラマもありましたし。メンバー自身にはLUNACYとしてステージに上がる感慨深さもあったと思いますが、そもそも意図とは?

INORAN:これはメンバー発案で。「最初から最後までホスト役として責任を持つということを示すためにも、トップバッターとして出なきゃね」って。そういう話の中からメンバーの誰かが「LUNACYで出るのがいいんじゃないか」と発言して、みんながそれに賛同した結果だったと思います。その意図とか意味は……今回のパーソナルインタビューでメンバーの誰かが言うと思いますよ(笑)。

──では、第二弾となる<LUNATIC FEST. 2018>について訊かせてください。発表されたラインナップの中でも、前回に続いて二度目の出演となるcoldrainや初出演のOLDCODEXはINORANさんとのつながりが深いと思います。この2組についてINORANさんからご紹介していただけますか。

INORAN:まず、OLDCODEXは一度コラボさせてもらったことがあって。

──OLDCODEXの2ndアルバム『CONTRAST SILVER』(2012年リリース)のリード曲「HEAVEN」の作曲とサウンドプロデュースを担当したほか、同曲のミュージックビデオにも出演されてますね。

INORAN:そう。彼らはいろいろなイベントにも出てるし、Ta_2(Vo)くんもYORKE.(painter)くんも素晴らしい音楽人なので、今回<LUNATIC FEST.>に出てくれないかなとオファーしたところ快諾してくれて。今から彼らのステージがすごく楽しみです。

──一方のcoldrainは?

INORAN:やっぱり音も気合いが入ってるし、<LUNATIC FEST.>には絶対必要なバンドだと思うので。彼らも快諾してくれて、本当に嬉しいですね。

──coldrainはイギリスのマネージメントやアメリカのレーベルと契約を果たしたり、海外フェスへの出演、パパローチのヨーロッパツアーでのメインサポートなど、日本はもちろん海外の評価も高いバンドです。INORANさんとはプライベートなお付き合いもあるんですよね。

INORAN:ベースのRxYxOくんとは飲み友達ですね。一緒に飲んでるといろいろなことを教えてくれたり。良き後輩であり友人です。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報