【対談】感覚ピエロ×アルカラ、「ええ時こそ不安にならなあかんし、不安な時こそチャンス」

twitterツイート

感覚ピエロが3月から<47都道府県ツアー「KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!~チェンジだなんて言わせない~」>を開催中だ。名古屋、東京でのワンマンライブを皮切りに、全国各地でワンマン&ツーマンライブを繰り広げ、7月28日に彼らの地元・大阪なんばHatchでファイナルを迎える。

◆感覚ピエロ×アルカラ 画像

BARKSでは、同ツアーのツーマン公演の中から毎月ひと組をピックアップ。対バン相手とのトークセッションとライブレポートをお届けする。その第2回はツアー26本目、高崎club FLEEZで共演を果たしたアルカラ。大阪のライブハウスで出会ったという憧れの先輩バンドとの対バンを前に、楽屋で対談取材を行なった。

   ◆   ◆   ◆

■もう、ただただヤバい存在ですよ
■移動車で、ずっとアルカラが流れてる

──秋月くんは「今回のツアーで1~2を争うくらい楽しみな対バン」って言ってましたが。

稲村太佑(Vo&G):マジっすか? その1番と2番は誰なん?

全員:あはははは!

秋月琢登(G):細かいなあ(笑)。そこらへんはフワッとしときましょうよ。

稲村:そやな、表現やな。

秋月:すぐに詰めてくるんだから。

──当然、もともと面識はありますよね?

秋月:神戸の飲み友達でしたからね。

西尾健太(Dr):ライブハウスで飲んでたんだっけ?

秋月:アルカラが北堀江 club vijonに出た時の打ち上げで、初めて太佑さんと喋ったんですよ。

稲村:そやった、それや。

秋月:Boiler陸亀の企画。で、俺はライブハウスで働いてるただのブッカー(ブッキングをする人)やったんですけど、対バンをしてたメンバーよりも、ぐいぐい「太佑さ~ん」って行ってて。アルカラと繋がりたい、みたいな感じで喋ってました。

稲村:だから“関西の”飲み友達ですね。

下上貴弘(B):ふつうの飲み友達でええやないか。

▲横山直弘(Vo&G)/感覚ピエロ

──最初に対バンしたのはいつだったんですか?

稲村:最初、何なんやろな。

下上:横浜BAYSIS?

秋月:そう、BAYSISの周年イベントですね。当時、俺らが「アルカラと対バンやりたい」って、ハコの店長さんに言いまくってたんですよ。そしたら呼んでくれて。

稲村:飲み友達から対バンに変わった瞬間や。

秋月:その時に俺もバンドやってるっていうのが伝わったかなって。

稲村:もともと知っとるわ(笑)!

▲秋月琢登(G)/感覚ピエロ

──それ、何年ぐらい前ですか?

稲村:去年。

──去年!?

西尾:最近なんですよ。

──じゃあ、飲み友達の時代が長くて、去年が初対バン。

秋月:まあ、“飲み友達”って言ってくれてますけど、ぶっちゃけvijonで1回だけです。

稲村:男が1回でも盃を交わしたら、飲み友達やん。

滝口大樹(B):懐が深い(笑)。

稲村:大阪時代に、秋月が前身バンドをやってた時から交流はあったけど、そこから感覚ピエロっていう謎の名前のバンドが始まって。いきなり一世を風靡したから、“仲良くしとったけど、偉なったから、もう俺に声かけへんやろな”って思ってた。

下上:めっちゃ捻くれてるやん。

秋月:いやいや、どれだけ俺らがツアーに呼んでたか!

稲村:えー、そうやったけー(棒読み)。

秋月:よう言うわぁ(笑)!

稲村:まあ、タイミングが合わなかったんですよね。僕らも年間100本とかライブをやってるから。これってやっぱり恋愛と一緒でタイミングが大事なんですよ。音楽の神様が引き合わせてない時に無理にやったら、ただの飲み友達の延長で終わってるから。お互い成長した段階でやると、ハモれる。……これ記事になるかな。

下上:「恋愛と一緒」言ってるのに、最後「ハモれる」って(笑)。

▲滝口大樹(B)/感覚ピエロ

──アルカラと言えば、大阪で育ったバンドなら、かなり大きな影響を受けるバンドだと思いますけど。感覚ピエロにとってはどんな存在ですか?

横山直弘(Vo&G):もう、ただただヤバい存在ですよ。うちら、ツアー中に移動する車の中で、ずっとアルカラが流れてるんです。

──今回のツアーで?

横山:いや、毎回。

秋月:何年も前からですね。2013年の結成当時から、よく聴いてますもん。俺らがミナミホイール(大阪ミナミのライブハウスで開催されるサーキットイベント)に出演した年に、アルカラが大阪BIGCATに出てたんですよ。で、観に行ったら、健ちゃん(西尾健太)が「ごめん、琢登、荷物持っといて」って、そのまま前に行ってて。

西尾:3列目ぐらいにね。

秋月:いちばん後ろにいたのに、けっこう前のほうに行ったよな。

疋田武史(Dr):あ~、そんなんや(笑)。

▲西尾健太(Dr)/感覚ピエロ

秋月:それぐらい好きなので、ようやく一緒のステージに立てるというのは、むっちゃ嬉しい。

滝口:うん、嬉しいよね。

──メンバー全員好きなんですね。

秋月:うん、マジで好き。

横山:CDで聴いてても圧倒的にカッコいいし、それをステージでそのまま表現するじゃないですか。さっきリハを見てて、“やっぱヤバいわ、今日どうしよう”って思ってます。

秋月:スゴすぎて“嫌やわ~”ってなるよね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス