全英チャート、『グレイテスト・ショーマン』がカニエの1位獲得を阻む

twitterツイート

今週の全英アルバム・チャートは、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが先週に続き首位をキープ。カニエ・ウェストの新作『ye』の1位獲得を阻んだ。

◆カニエ・ウェスト画像

『グレイテスト・ショーマン』は昨年12月にリリースされて以来、非連続18週1位。驚異のロングラン・ヒットとなっている。『ye』は全米では初登場1位を獲得するものと見込まれているが、英国では今週、最もストリーミングされたアルバムだったものの、強力なライバルを破れず2位につけた。

3位には、ジョージ・エズラの『Staying At Tamara's』が先週の5位から再浮上。英国人のシンガー・ソングライター、ベン・ハワードのサード『Noonday Dream』が4位に初登場した。今週はこのほか、ザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーが26年ぶりに発表したソロ・アルバム『As Long As I Have You』が8位、ゴーストの4枚目『Prequelle』が10位にチャート・インしている。

シングル・チャートも変わらず、カルヴィン・ハリス&デュア・リパの「One Kiss」が1位をキープ。8週連続となった。

2位には、ジェス・グリンの「I'll Be There」が先週の5位から浮上。アン・マリーの「2002」が3位をキープした。

今週は、ジョージ・エズラの「Shotgun」(8位)、カニエ・ウェストの「Yikes」(10位)が新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報