【イベントレポート】TOKIO 長瀬智也、「僕もTKOみたいなもん」

twitterツイート

TOKIOの長瀬智也とTKOが6月12日、東京汐留で行われた映画『空飛ぶタイヤ』の公開直前イベント<生存競争(いきていくの)はつらいよ 闘う戦士(もの)たちへ 川柳コンテスト>に登壇した。

◆イベント画像(10枚)

映画『空飛ぶタイヤ』は累計170万部を突破した池井戸潤の同名小説の映画化作品。一台のトレーラーの事故をきっかけに、弱小運送会社の社長・赤松徳郎が大企業に立ち向かっていく姿を描いた大逆転エンタテインメントで、長瀬智也は主演を務める。共演にはディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、TKOらが名を連ねている。また、主題歌はサザンオールスターズの3年ぶりの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」に決定している。

今回のイベントでは主題歌の歌詞にある“しんどいね 生きていくのは”という言葉にかけて、“しんどいね 生きていくのは”と思った瞬間をテーマに、日頃感じる生きづらさやそれでも社会と闘っていく思いを込めた川柳を公募、その中から長瀬智也とTKO、そして会場には来ていないがサザンオールスターズがお気に入りの一作を選んだ。

⬛︎長瀬賞
“今日中に”
出来上がったは
夜10時
(P.N.まるこめさん)

⬛︎TKO賞
あっ、白髪!
抜きたい、つかめぬ
遠近感…
(P.N.みいちゃんさん)

⬛︎サザンオールスターズ賞
俺の髪
生存競争
放棄する
(P.N.アカエタカさん)

朝 山場
昼 正念場
夜 修羅場
(P.N.やーちゃんさん)

▲TKO賞 受賞者と

受賞者はTKOと長瀬それぞれからプレゼントを授与され、長瀬本人が受賞者にマイクを向け川柳を作った経緯を聞くシーンも。さらに、プレゼントとして用意された劇中で使われているジャンパーを長瀬が受賞者にうしろから着せてあげる、というファンサービスも行われた。また、TKO賞に選ばれた川柳について木下が「たまに白髪の鼻毛あるよね」と話し始めると長瀬が即座に「あります!」と答えて会場にどよめきを起こしたり、「僕もTKOみたいなもん。OとI抜けば」とジョークを飛ばし笑いを誘う場面もあった。

▲長瀬賞 受賞者と

自身が選んだ川柳について長瀬は「僕もいま、原稿の締め切りに追われていて。今日の昼までって言われているのを“今日中に”って言ってるところなんです(笑)。僕の中のリアル川柳!」と選考の理由を明かす。終始、長瀬のユーモアと優しい素顔を感じられるイベントとなった。

イベントの最後に長瀬は映画について「一生懸命この作品が面白くなるように、見てもらえるようにという気持ちで今日までやってきたので何も考えずに見ていただければメッセージが感じられると思います」とコメントした。映画『空飛ぶタイヤ』は今週6月15日よりロードショー。



映画『空飛ぶタイヤ』


2018年6月15日(金)ロードショー
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』 (講談社文庫、実業之日本社文庫)
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ほか
監督:本木克英
脚本:林民夫
配給:松竹




twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報