アヴィーチー、葬儀が故郷ストックホルムで執り行われる

twitterツイート

英国の新聞『Daily Mail』によると、日曜日(6月10日)、4月20日に亡くなったアヴィーチーの葬儀が彼の故郷スウェーデン・ストックホルムで執り行われたという。

◆アヴィーチー画像

すでに発表されていた通り、葬儀は家族や親しい友人のみが出席するプライベート・セレモニーで、世界遺産に登録されるスコーグスシュルコゴーデン(墓地)にてしめやかに行われたと伝えられている。

アメリカ人の起業家/ナイトクラブ・オーナーでアヴィーチーと親しかったJesse Waits氏は、葬儀で配られた、楽譜にアヴィーチーの本名が記された式次第の画像をインスタグラムに投稿している。



アヴィーチーは4月20日、休暇で訪れていたオマーンの首都マスカットのホテルで亡くなっているのが発見された。死因は明かされていないが、家族から「彼は、意義、人生、幸せへの想いに苦悩していました。これ以上続けることはできませんでした。平安を見出したかったのです」との声明が出された。まだ28歳だった。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報