【インタビュー】風男塾、10周年のプレッシャーを乗り越えた6人の現在地

ツイート


■ まふまふさんは、2.5次元的存在である風男塾に近い方のひとり
■ と思わさせて頂いてたんです

──みなさん魅力的で、これはどうしたって好きになってしまいますね。さて、6月13日に10周年記念シングル第2弾の「君色々移り」がリリースされますが、どういう経緯で表題曲の作詞・作曲をまふまふさんが、振付をアルスマグナの九瓏ケントさんが手がけられることになったのでしょうか。

▲シングル「君色々移り」初回限定盤A

瀬斗光黄:前作「新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~」(2017年11月発売)の表題曲でアルスマグナの朴ウィトさんに振付をしていただいたご縁で、今回はケント先生に振付をしていただくことになりました。ニコニコ動画ですごく有名なまふまふさんは、2.5次元的存在である風男塾に近い方のひとりと思わさせて頂いてたので、お願いしました。MVにはアニメーションを取り入れていたりもするので、2次元好きの方々にとても楽しんでいただける作品になったんじゃないかなと思います。

──同感です。曲調にしろ歌詞にしろ和情緒が漂っていて、キャッチーでありながら、想いを伝えられないもどかしさ、切なさを感じる曲でもありますが、それぞれに思い出深いところはどこでしょうか?

仮屋世来音:サビで裏声を使ったりだとか、これまで歌ったことのない曲だったので難しさも感じつつ……自分自身、思ったことははっきり言っちゃうタイプなので、言いたいけど言えないもどかしさを想像して、気持ちを込めて歌いました。

瀬斗光黄:多くの人が共感できる、青春ソング、胸キュンソングですよね。相手への想いをすごくつのらせているのに、どうしても言えない。なので、自分としては、力強さもあり、儚さもありという感じで歌いました。

紅竜真咲:自分自身は甘酸っぱい青春の思い出はないんですけど(苦笑)、「君色々移り」は疑似体験させてくれる曲なので、そのまま素直な気持ちを歌に乗せました。

──聴いただけでも、夏祭りの情景が浮かびますから。

紅竜真咲:同じ妄想をしました!(笑)。

愛刃健水:風男塾の夏ソングはもう1曲あるんですけど、お祭り的なノリのその曲とは全然歌い方が違っていて。レコーディングが終わってみて、「君色々移り」のみんなのやさしい声に思わずキュンとしました(笑)。新たな夏の定番ソングになったらいいなと思います。

藤守怜生:曲の導入部分から一気に惹き込まれて、聴き終わったあとも素敵な余韻があるし、ずっと耳に残って思わず口ずさんでしまう曲。言葉遊びも散りばめられているから……。

──“恋々”とか、インパクトありますよね。

藤守怜生:そうですね。歌詞も楽しんでいただけたらなと思います。

草歌部宙:「君色々移り」の歌詞には、言葉から色を連想させる箇所もあって、まふまふさんがメンバーカラーを意識して歌詞を書いてくださったのかなとも思うとありがたい限りです。あと、最後の“君が好き”という部分は自分が歌っているんですが、レコーディングのときに何パターンも録って、中でもファンの方に一番思いが届くテイクを使っていただいていたりします。

──その想い、しっかりと伝わってきます。MVは、学校を使ってロケ撮影を行ったんですよね。


草歌部宙:そうです。ソロショットはそれぞれ別の場所で撮りまして。僕は理科室だったけど……。

愛刃健水:それぞれ監督のイメージで決まったんかなぁ。

草歌部宙:って聞きました。

愛刃健水:え……下駄箱の前やってんけど!(笑)

仮屋世来音:どんなイメージやったんやろ(笑)。

紅竜真咲:僕は体育館の脇だった。

愛刃健水:それは、告白する場所みたいなイメージなんちゃう?

紅竜真咲:体育館裏とかじゃなくて体育館のすみっこだったけど(笑)。

藤守怜生:自分は廊下。

瀬斗光黄:教室だった。

仮屋世来音:音楽室。

藤守怜生:なんか、ぽいね。

愛刃健水:2人ずつ撮るシーンもあって、自分は宙とペアで一緒に歩いて向き合って笑顔になるという流れだったんですけど、宙の笑顔が引きつっちゃって(笑)。あの手この手で笑わせたら……。

草歌部宙:本気笑いしているテイクが使われました(笑)。

藤守怜生:自分は光黄くんとペアだったんですけど、ご飯の話をしましたよね。

瀬斗光黄:そうそう。校舎の廊下を一緒に歩きながら、「今日なに食べる?」って。で、監督さんの指示通り窓に近づいていったら、カメムシが全力でぶつかってきたっていう(笑)。

仮屋世来音:それでもさわやかな2人がすごい(笑)。

紅竜真咲:自分と来音さんは、ちょうどお昼の12時くらいにシーソーのところで撮ったんですけど、「いい天気だねぇ」とか、「アリさんがいるねぇ」とか、だいぶのんびりまったりモードでした(笑)。

仮屋世来音:シーンとしては切ない雰囲気なんだけど、会話の内容はほのぼのな感じだったよな(笑)。

愛刃健水:九瓏ケント先生の振付で、ダンスはだいぶエモーショナルな感じですけど。

瀬斗光黄:そうそう。ダンスも見てもらいたいよね。

紅竜真咲:あと、最近気づいたんですけど、アニメーションの女の子が着ている浴衣の梅の花柄が、僕たちの衣装の柄と同じなんですよ。

藤守怜生:細かいところまですごくこだわってMVを作ってくださっていて、本当にうれしいよね。

◆インタビュー(3)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報