「ボヘミアン・ラプソディ」を歌って参加、クイーン映画の公式企画スタート

twitterツイート
Photo by Chris Hopper

クイーンのバイオグラフィ映画『ボヘミアン・ラプソディ』に歌声で参加できる公式キャンペーンがスタートしている。

◆クイーン画像

本国オフィシャルサイトで6月8日から展開されている同企画では、名曲「Bohemian Rhapsody」のライブ演奏シーンに使用するファンの歌声を募集。寄せられた音声データから選ばれたものが、劇中で実際に観客の大合唱として採用されるという。モバイルまたはタブレット端末で特設サイト(https://www.putmeinbohemian.com/)にアクセスすると、楽曲の冒頭部分をカラオケ感覚で歌って録音/送信することができる。




映画『ボヘミアン・ラプソディ』はアメリカで11月2日、日本でも11月に全国公開されることが決定している。5月に予告編が公開されると、「フレディに似てる!」「公開が楽しみ!」と早くも話題を呼び、動画の公開週には「Bohemian Rhapsody」のストリーミング再生数がアメリカだけでも470万回を記録。同曲は全米チャートのHard Rock Digital Song Salesチャートで3位に急浮上し、ベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』もHard Rock Albumsチャートで2位まで上昇するなど、作品やクイーンに対する関心の高まりをうかがわせるヒットとなっている。

『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年11月 全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報