【インタビュー】わーすた「しつこいぐらいに“わんだふる YEAR”って言っていきますよ!」

twitterツイート

“わーすた わんだふる YEAR”を掲げてエネルギッシュに活躍中のわーすたが、6月20日にミニアルバム『JUMPING SUMMER』をリリース。メンバーがタピオカミルクティーが大好物だということにヒントを得て生まれたリード曲「タピオカミルクティー」や、ロックに振り切れた「PLATONIC GIRL」、普通の学生生活を送れなかった自分に思わず重ねてしまったという「スタンドアロン・コンプレックス」など、チャレンジし続けるわーすたをフレッシュなままパッケージした新作を五人が楽曲解説してくれた。

◆わーすた~画像&映像~

■「JUMPING SUMMER」は真夏のジリジリ照りつける太陽というより
■夕暮れ時にも合う爽やかさがある曲。ツアーで歌うのが楽しみ


──ミニアルバム『JUMPING SUMMER』はわーすたらしいかわいさだけではなく、ロックな曲も収録されているし、充実の曲揃いですね。

廣川奈々聖(以下、廣川):わーすたが4年目になるので、今年は飛躍していきたいということで“わーすた わんだふる YEAR”を掲げて活動しています。その中で毎月、新曲を発表していこうということになって、スタッフさんと話す中、私の場合なら「かなりロックな曲をやりたい」って要望を出して、みきとPさんにハードロックな曲を作っていただいたんです。いろいろなやりとりがあって完成したCDなので私たちもワクワクしています。

──夏の季節感も意識していますか?

三品瑠香(以下、三品):「タピオカミルクティー」と「JUNPING SUMMER」は夏に合う曲なので、野外で歌いたいですね。

──では、1曲ずつ、みなさんから紹介していただきたいと思います。「JUMPING SUMMER」はイントロからかけ声が入っていて、クールなニューウエーブ系の打ち込みサウンドと開放感のあるサビのメロディが耳に残ります。

坂元葉月:(以下、坂元):毎月、新曲を発表する企画の6月の曲で、爽やかで夏らしい曲です。歌詞もキャッチーなので、ライブでみんなでジャンプしたり歌ったり踊ったりしたいと思っています。

廣川:これまで、わーすたにはなかったタイプの曲ですね。WHITE JAMのSHIROSEさんに楽曲を提供していただいたんですけど、SHIROSEさんの歌が入っているデモを聴いた時には「この曲を私たちが歌ったら、どんなふうになるのかな?」と思ったし、いい意味でほかのアイドルさんが歌わない曲調だと感じました。真夏のジリジリ照りつける太陽というよりも、夕暮れ時にも合う爽やかさがある曲なので、ツアーで歌うのが楽しみで仕方ないです。


▲『JUMPING SUMMER』【CD&Blu-ray 盤】


▲『JUMPING SUMMER』【CD only 盤】

──恋をジェットコースターに例えている歌詞でもありますね。

坂元:タイトルだけを見ると“楽しいっ!”って感じの曲なのかなと思うんですけど、曲調はオシャレ。歌詞は個人的に最後の“限られた永遠の中 Jump ! ”っていう箇所が好きなんですけど、そこに切なさも感じて、ハッピーだけじゃない面がたくさん見つけられた曲でもあります。

──確かに温度感が“夏だ! はじけよう!”って感じではないサマーソングですよね。「タピオカミルクティー」は衣装ともリンクしているんですよね。

松田美里(以下、松田):はい。リード曲なので、タイトルを意識した衣装になっています。衣装の真ん中に中国語で“タピオカミルクティー”って書いてあるんですよ。アジアを意識した色やデザインになっています。

三品:ブレスレットの茶色の玉もタピオカミルクティーのイメージなんです。

坂元:背中にさしているのはストローです(笑)。

──帽子に書いてある言葉の意味は?

小玉梨々華(以下、小玉):“わーすた”っていう意味です。

廣川:ブーツには“完全なるアイドル”って書いてあります。

──凝ってますね。「タピオカミルクティー」はホーンセクションが入っていて、ポップでちょっと大人なサウンド。

三品:ミュージックビデオもオシャレなんですよ。メンバーそれぞれがタピオカミルクティーを持っていたり、飲んでいたりする場面もあってかわいい感じの仕上がりになっています。サビではタピオカポーズをしているので、ライブで一緒にやってほしいです。

松田:撮影でタピオカミルクティーをたくさん飲めたのが私的にはすごく嬉しかったですね(笑)。

小玉:差し入れでもいただいたんですよ。撮影で飲むから追加してもらったり、ずーっと飲んでました。


▲三品瑠香

──みんな、そんなにタピオカミルクティーが好きなんですか?

三品:一人を除いて。

廣川:そこまで得意じゃなかったんですけど(笑)。

松田:そもそも、この曲ができたキッカケは、わーすたがタピオカミルクティーが好きすぎて飲み過ぎてたことなんですよ(笑)。だから、けっこう実話も入っているんです。実際、私も半年ぐらいまでミルクティーが飲めなかったんですけど、好きになったら。

小玉:どハマり(笑)。松田美里は毎日のように半年飲んでいました。

松田:昨日も3杯ぐらい飲んじゃって親に心配されました(笑)。

廣川:そうやって曲ができる過程はわーすたらしいというか、ぶっとんでるよね、

──ということは、メンバーから提案したんですか?

小玉:私たちがタピオカミルクティーを飲んでいる動画をSNSで発信していたのをスタッフさんが見たんです。それが曲に繋がっていったのですごく嬉しかったし、「曲になっちゃった!」ってビックリしましたね(笑)。

廣川:曲を聴いてからWHITE JAMさんとDa-iCEの工藤大輝さんの共作だって知ったんですよ。「すごい曲ができたなぁ」と思っていたら、後からサプライズで「実は作りました」って。工藤さんは先輩でもあるし、嬉しかったですね。曲もインパクトがあってかわいいし、キャッチーで覚えやすいし、ファンの人とのコール&レスポンスも楽しい曲です。

坂元:ハッピーな気持ちになれる曲なんですけど、切ない部分もあって甘酸っぱい青春が描かれているので、歌詞にも注目してほしいですね。

松田:きゅんきゅんします(笑)。


▲小玉梨々華

──“ごくごくごくごく”って繰り返されるところもシュールですね(笑)。

廣川:そこライブではタピオカミルクティーのストローとカップをそれぞれが持ちながらパフォーマンスするんですよ。

三品:ホントに飲んでるみたいな気持ちになって嬉しくなります。

松田:「本当にしあわせそうな顔してるよね」って言われます(笑)。リアルに飲んでるように見えるのが、さすが、わーすただねって。

──そして、ハードロックな曲と表現していたのが3曲目の「PLATONIC GIRL」ですね。エレキギターが前面に出ているナンバーで疾走感がある。

小玉:はい。5月にお披露目した曲なんですが、最初からみんながコールしてくれて、サビで私たちのマネをしてくれたり、みんなの対応の速さにビックリしました。これから、ますます盛り上がる曲だと思います。ライブではボーカル二人がスタンドマイクを立てて歌っているんですよ。また新しい自分たちが見せられた曲ですね。

廣川:ロックで歌詞がちょっとツンデレな曲(笑)。私と(三品)瑠香が今までにない歌い方に挑戦してメインで歌っているんですけど、三人の振り付けが特徴的でめちゃくちゃカッコいいんです。三人だからこそ出来る表現になっているので、そこも注目してほしいですね。


▲坂元葉月

──二人のボーカルのキレの良さにも注目ですよね。

廣川:歌っていてアガりますね。
三品:かけあいだからね。(廣川)奈々聖の声を聴いて歌っていると、どんどん楽しくなってくるんです。

──廣川さんがツンデレと言ってましたが、主人公はちょっとSっぽいというか強気な感じですよね。

廣川:そうですね。“これ私たち歌っていいのかな?”って(笑)。私が歌っていて印象的だったのは“I'm not AKAZUKIN”っていう箇所。赤ずきんっていう言葉がこんな風に響くんだって。歌詞とメロディ、歌い方がリンクしているのがめちゃめちゃカッコいい曲。瑠香の英語の歌詞もいいんですよ。

三品:サビ前の盛り上げとか、頑張っています。“Sit Down !”とか、気持ちいいですね。

松田:“Sit Down !”って歌われると「下がって座らなきゃ!」っていう使命感が生まれます(笑)。二人が声を張り上げる箇所では相乗効果で三人ともテンションが上がるし、踊ってる私たちがこれだけアガっているんだから、ファンの人もザワザワしてくれているんじゃないかなって。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報