ギタリストなら使いたい ハンズフリーでDAWやMIDI機器をコントロールできるペダル型MIDIコントローラー「PACER」

twitterツイート

ハードウェアだけでなくソフトウェアも使う現代のギタリストにうれしいハードウェアが登場。DAWなどのソフトウェア、MIDI対応デジタルギターアンプなどのハードウェアをハンズフリーでコントロールできるユニークなペダル型MIDIコントローラー「PACER」(ペーサー)がNektar Technologyよりリリースされた。

フロアタイプのマルチエフェクターを思わせるルックスの本体に、10基のプログラマブルLEDフットスイッチ、最大4つの外部フットスイッチと2つのエクスプレッションペダルを接続可能な端子、さらに4つのスイッチングリレーなどを搭載。一度のボタン操作で最大16のMIDIコマンドとリレー情報を送信し、セットアップを瞬時に整えることが可能。スタジオからステージまで、ギタリストのフットワークを全方面でサポートする、新しいDAW/MIDIフットコントローラーとなっている。

「PACER」ができることは幅広い。最も基本的な使い方は、フットスイッチでMIDIメッセージを送信したり、リレー(ハードウェア的なスイッチ)の状態を切り替えること。リレー操作により標準的なフットスイッチ端子を備えるアナログアンプもセットアップに統合可能だ。もちろん用途はそれだけにとどまらない。DAWの再生をスタートさせ、あるスイッチで音色切り替えなどを行うプログラムチェンジを送信し、別のスイッチではエフェクトのオン/オフ、あるいはアンプチャンネルを切り替えるなど、1つのプリセットとして16のMIDIコマンドとリレー設定を割り当てられ、それを最大で24のプリセットとして本体に保存し、スイッチひとつで瞬時に呼び出すことが可能だ。


▲リアパネルにはエクスプレッションペダル、フットスイッチ、リレー端子各2に加え、USB、MIDI Out端子を用意。フットスイッチ端子はTRS仕様でY字ケーブルを使用すれば1端子で2つのスイッチを接続可能。リレー1/3と2/4はTRS仕様で、アナログアンプなどのフットスイッチ端子と接続してチャンネル切り替えなどに使用する。機器に合わせてラッチまたはモメンタリーに設定可能。

Line 6 Pod/Helix、Kemper Profiler、Fractal Audio AxeFX、Avid Eleven Rackなどギター関連ハードウェアのプリセットを用意。これらの製品をコントロールするシンプルなペダルソリューションとしても、また、楽器を持ったままDAWをコントロールしたい時でも、あるいはステージパフォーマンスのための高度なセッティングを行う場合でも威力を発揮する。

DAWでの使用には専用のトラック/トランスポートコントロールを用意、真のハンズフリーコントローラーと呼べる活躍をしてくれる。MCU(Mackie Control Universal)プロトコル対応のDAWなら、トランスポートプリセットにより、再生/停止/録音/巻戻し/早送り、そしてサイクル/ループのコントロールが足元で行える。各スイッチには現在の状態を示すRGB LEDで表示される大きめのアイコンが用意されており、視認性も抜群だ。さらにNektar Technologyが誇る「DAWインテグレーション」により、対応するDAWと組み合わせれば、トラックやパッチの選択、カスタマイズされたLEDカラーのフィードバックなどより高度なインテグレーションを実現する(Nektar DAWインテグレーションはBitwig、Cubase、GarageBand、Logic、Nuendo、Reason、Reaper、Studio Oneをサポート)。


本体にはプログラム可能なRGB LED付きの10基のフットスイッチ、プリセットリコール専用のスイッチ、大型ディスプレイ、プログラミング/ナビゲーション/コントロール用のプッシュスイッチ付きエンコーダーを装備。動作中のモードに応じて各スイッチに備わる上段もしくは中段のアイコンが点灯し、明快な操作と設定をサポート。最下段にはスイッチの状態を示すRGB LEDも備える。

人気DAWの8トラックバージョン「Bitwig 8-Track」が付属するのもうれしいところ(フルバージョンへは有償でアップグレード可能)。さらに日本国内正規品限定で、90年代のシンセサイザーの中から KORG M1やENSONIQ VFXなどの代表的な4モデルの音色と質感を継承したデジタルシンセコレクション、UVI社のバーチャルインストゥルメント「Digital Synsations」フルバージョンが特別に付属する。

動作環境はMac OS X 10.7 以降、Windows 7以降。USBクラスコンプライアント準拠で専用ドライバーのインストールは不要だ。電源はUSBバスパワー、もしくは別売のACアダプター(9V/600mA センターマイナス)を使用する。本体サイズは500×230×47mm(W×D×H)、重量は3.5kg。


▲PACERのセッティング例(左)。右は純正のエクスプレッション・ペダル「NX-P」

オプションとして、「PACER」および他社製品にも汎用的に使える純正のエクスプレッションペダル「NX-P」も同時発売。グリップ性に優れるゴム足、ゴム製のペダル面で確実な操作が可能。感度調整ポットや極性切り替えスイッチも備える。ケーブル長は約180cm(1/4インチTRSジャック)、重量は約318g。


製品情報

◆PACER
価格:32,000円(税別)
◆NX-P ※汎用エクスプレッションペダル
価格:3,200円(税別)
発売日:2018年6月15日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報