山下洋輔ニューヨーク・トリオ、結成30周年アルバム発売

twitterツイート
(C)Akihiko Sonoda

山下洋輔ニューヨーク・トリオの結成30周年アルバム『30光年の浮遊』が、6月13日にリリースされた。

◆山下洋輔ニューヨーク・トリオ 画像、動画

1988年の結成以来、山下洋輔(Pf)、セシル・マクビー(B)、フェローン・アクラフ(Dr)の不動のラインナップで演奏活動を続けてきたニューヨーク・トリオ。『30光年の浮遊』は、30周年記念曲「サーティース・テーマ」をはじめ、1990年作『SA KU RA』に収録の「ドバラダ」に別パートを加えた「ドバラダ2018」や、『寿限無』収録の「チャタリング」の再録音源など全8曲からなる、これまでの活動の集大成的な一枚に仕上がっている。発売と合わせて、YouTubeでは「ドバラダ2018」に乗せた山下のコメント映像も公開となった。


▲結成30周年アルバム『30光年の浮遊』

なお、10月からはアルバムの発売を記念したツアーも開始予定。11月2日に東京・東京文化会館小ホールでの公演が決定しているほか、各地での公演日程も後日発表される予定となっている。

山下洋輔ニューヨーク・トリオ『30光年の浮遊』

2018年6月13日(水)発売
UCCJ-2154 ¥3,240(税込)
1. ドバラダ2018(山下洋輔)
2. マルチ・ベース・ヒット (山下洋輔)
3. チャタリング (山下洋輔)
4. サーティース・テーマ (山下洋輔)
5. チェイン・リアクション (山下洋輔)
6. ブルー・キャッツ (山下洋輔)
7. ワン・フォー・T (山下洋輔)
8. 早春賦 (中田章)
〈パーソネル〉
山下洋輔(Pf)
セシル・マクビー(B)
フェローン・アクラフ(Dr)

<山下洋輔ニューヨーク・トリオCD発売記念ツアー>

2018年11月2日(金) 東京・東京文化会館小ホール(18:30開演)
※他公演は後日発表予定
詳細: http://www.jamrice.co.jp/yosuke/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon