【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>Fear, and Loathing in Las Vegas、「始まったぞ、サタニック!」

ツイート

<SATANIC CARNIVAL '18>初日、SATANIC STAGEのトップを飾ったのはFear, and Loathing in Las Vegas(以下ラスベガス)だ。彼らは2018年4月に同会場・幕張メッセでワンマン公演を行ったばかりだが、再びこの場所に戻って来た。

◆Fear,and loathing in Las Vegas 画像

狂騒的なSEが場内に鳴り響くと、So(Vo)、Minami(Vo/Key)、Taiki(G)、Kei(B)、Tomonori(Dr)のメンバー5人が颯爽と登場。そう、この日はSxun(G)が体調不良で欠席となり、5人編成のラスベガスとしてステージに立つことになった。



「始まったぞ、サタニック!」とSoが叫ぶと、「Return to Zero」で本編スタート。ゴリゴリのヘヴィネスとキャッチーなメロディを放出し、導火線ナシで観客を一気に焚き付けていく。間奏に入ると、So、Minamiがパラパラダンスを披露し、視覚面でも華やかに盛り上げた。

「ジャンプ、ジャンプ、飛べ、飛べ!」とSoが煽れば、TaikiとKeiがステージをところ狭しと激しく動き回ったりと、Sxunの穴を演奏面以外のパフォーマンスでもバッチリと埋め、メンバー一丸となったパワーを遺憾なく見せつけていく。



5月にリリースしたニュー・シングル表題曲「Greedy」に移ると、ゲーム音を配したイントロからオーディエンスの好リアクションを得て、歌って踊って騒げる目くるめくラスベガス・ワールドで観客を翻弄。イントロからワーッという歓声が上がると、「Rave-Up Tonight」へ。Soの天に抜けるハイトーンとMinamiの地を這うスクリームのコントラストも鮮やかで、ここに集まった観客のすべてを興奮のるつぼに叩き落としていった。

「早い時間に集まってくれて、ありがとうございます。最高潮までブチ上げてやろうと思うんで、最後まで楽しんで行くぞ! 3曲連続でやるんで最高のテンションを見せてくれ!」──So



後半は「Party Boys」を筆頭に必殺のキラー・チューンを放ち、勇壮かつファニーな表情を織り交ぜた展開で幕張メッセは狂乱のダンス天国に様変わり。終始、耳目を激しく揺さぶる極上のラウド・パーティーをブチ上げ、ステージを去っていった。

取材・文◎荒金良介
撮影◎岸田哲平

【Fear, and Loathing in Las Vegas セットリスト】

01.Return to Zero
02.Jump Around
03.Greedy
04.Rave-up Tonight
05.Virtue and Vice
06.LLLD
07.Party Boys
08.Love at First Sight

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス