【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>四星球、「今日は脇役に徹したいと思います」

ツイート

これは<SATANIC CARNIVAL>、そう、カーニバル=祭りである。となれば盛り上げ番長がいなきゃ、話にならない。EVIL STAGEの2番目登場したのは、盛り上げ番長と呼ぶにふさわしい四星球。ところが、である。登場前にいきなり北島のアナウンスが入る。

◆四星球 画像

「その日の主役になりたがる四星球ですが、このSATANIC CARNIVALには素晴らしいバンドがたくさん出演なさるので、今日は脇役に徹したいと思います」

そんな謙虚な四星球は初めてだ。実際に登場したメンバーは、ちびまる子ちゃんの永沢君の巨大パネルを顔に付けていたり、刺し身のつまに扮していたりと、つまりどれもが脇役の存在。そんなボケ倒しの格好のまま、ライブは「妖怪泣き笑い」からスタート。

「SATANIC CARNIVALにコミック・バンドがやってまいりました。存在が浮いているなら、もっと浮いて、浮いて、ジャンプ!」と煽ったと思えば、今度は「HEY-SMITHがトリと聞いて練習してきました」とトランペットを手にした北島。吹いてみたものの、音は全く鳴らず、予想通りの展開に大歓声。また「クラーク博士と僕」では、まさやんがギターケースを持って客席エリアに突入。ファンが持ち上げるケースの上へサーフィンするがごとく乗っかり、ギターを弾きまくる。「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」で、まさやんが背中から装着する名前入りパネルは、<SATANIC CARNIVAL>だけに、PIZZA OF DEATHの溶けたフォントの本日限定もの。さらに「Mr.Cosmo」では、北島が客席エリアに突入し、ファンも巻き込んでPAエリアを中心にした巨大サークルまで作る。





とにかく、やることなすこと全てが抱腹絶倒のネタや仕掛けが満載。それに謙虚な姿勢は微塵もない。さすが、コミック・バンドだ。「コミック・バンドにとって、アウェイほどホームなことはございません。みなさんも月曜日から、アウェイもホームだと思って頑張ってください!」

さすが、教育学部出身者が多いバンド、四星球。しっかりと若者たちに教えも説く。ラストに「コミックバンド」をぶちかましたが、時間があるということで、「さらに、もう1曲!」と叫ぶ北島。ところが舞台が左側にスライドして、「あっ……、エッ!? ということで四星球でした。ありがとうございました」とステージごと袖に消えていくメンバー。最後の最後までコミック・バンドらしい笑いで締めくくる四星球だった。



取材・文◎長谷川幸信
撮影◎中河原理英

【四星球 セットリスト】

01.妖怪泣き笑い
02.クラーク博士と僕
03.鋼鉄の段ボーラーまさゆき
04.夜明け
05.Mr.Cosmo
06.コミックバンド

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス