【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>CASTAWAY、「この場にいるみんなに感謝します。ありがとう!」

ツイート

初の全国流通作品となった1stミニアルバム『This Is What You Always Do』(2016年発表)以降、着実に支持を広げ、メロディックシーンで噂が噂を呼んでいるのが今年初出場のCastaway。まだ接したことがない強豪を目撃しようと、熱心なオーディエンスが詰めかけただけでなく、ステージ袖もバンドマンや関係者で鈴なりの状態だった。

◆CASTAWAY画像

まずはSota(Vo)が「SATANIC初出場、Castaway始めます!」と宣言し、いきなり頼もしい歌声を響かせる「River」をドロップ。Yuta(G)とYohei(B)のコーラスも力強く、曲をよりドラマティックにし、ド頭からオーディエンスに多大なインパクトを与えていく。

CHUNK! NO, CAPTAIN CHUNK!、THE STORY SO FARやSTATE CHAMPSといった海外勢とも共演経験が豊かな彼らであるが、ライブ中にも語っていたように<SATANIC CARNIVAL>だけではなく、フェス自体が初経験であり、幕張メッセという大会場もバンド史上最大キャパ。序盤はどこかしら探るような仕草もあるかと思いきや、常に前傾姿勢を崩さず、ポップ・パンクの影響を色濃く感じさせながらも、そこだけに留まらないエッセンスが加えられた「Sink Or Swim」や「Black」といった高い強度を誇る曲を矢継ぎ早に繰り出していく。



曲を追うごとにフロアの熱気も上昇し続け、今年5月に7インチとしてリリースした新作『Home』からYossy(G)のプレイも光る「Weightless」を鳴らせば、イントロから大コールが巻き起こり、Tatsuru(Dr)のショットにも背中を押され、オーディエンスも激しく躍動。サークルピットも出現し、まさしくライブハウスさながらの状況だ。

終盤にはSotaが「ここまでくるのにすげえ時間がかかってるし、悔しい思いもしてきました。(大きな舞台に立って)あのバンドにも(オレらを)観てもらいたいとか思ってたけど、そうじゃなかった。この場にいるみんなに感謝します。ありがとう!」と集まったオーディエンスへ謝辞を述べ、さらに気持ちをぶつけていく。



「Over And Over Again」ではMVでも共演したOtusのMakimuraと共にぶちかまし、スケール感たっぷりの「Climbing」で締めくくり。最初から最後まで、己と精一杯に向き合いがながら、常にフロアへ問いかけ、視線を逸らさず、ひたすらにオーディエンスと対峙した大熱演であった。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎鈴木公平

【CASTAWAY セットリスト】

01.River
02.Sink Or Swim
03.Black
04.Weightless
05.Through The Noise
06.Horizon
07.Over And Over Again
08.The Crow
09.Climbing

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス