【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>NOISEMAKER、「思いっきりかかって来い、誰一人置いていかないから!」

ツイート

北の大地・札幌が生んだオルタナティヴ・ロックの雄、NOISEMAKERはだだっ広い幕張メッセをライブハウス化させ、初日のEVIL STAGEのトリを飾るに相応しい縦横無尽の攻撃力を見せつけた。

◆NOISEMAKER画像

HIDE(G)、YU-KI(B)、UTA(Dr)がステージに並び、最後に緑の髪色をしたAG(Vo)が現れると、「Change My Life」から肉厚のヘヴィ・サウンドで観客に体当たりするようなパワーを発揮。曲中に「サタニック、頭振れー!」とAGが煽ると、観客は一斉にヘッドバンギングに励み、まさに“悪魔の宴”と言える本イベントらしい盛り上がりを演出する。続く「SADVENTURES」においては裏声やラップを自在に使いこなすヴォーカル、またHIDE、YU-KIの厚いコーラスも効果的で熱気は右肩上がりに上昇! 曲の後半にはサークル・モッシュが勃発するなど、2曲目の時点で完全に自分たちの空気を作り上げていた。




それからオリエンタルなイントロを配した「Something New」へ。キャッチーな歌メロとオルタナ/ラウド・ロックを振りかざすゴリゴリの音色を武器に、押し引きのダイナミズム溢れる曲調も実にかっこ良かった。

「NOISEMAKER、よろしくお願いします! 後ろの方、ガッと前に! 思いっきりかかって来い、誰一人置いていかないから!」とAGが叫ぶと、ここで「Flag」をプレイ。ふと会場を見渡すと、拳を突き上げたり、2ステップで踊るキッズがいたり、ひたすらジャンプする人たちがいたりと、様々な反応が生まれる辺りも彼らの楽曲が多彩な側面を持っている証だろう。

中盤過ぎにスケール感のある「DRIFTING CLOUDS」を披露した後、「今年でサタニック3度目、去年と景色が違って見える。いろいろありますよ、上ばかり見ていたら、前が見えなくなる。確かなのはサタニックのステージに立っていること、トリとしてステージに立っていること、それが一番大事だってこと」とAGが告げ、「Nothing to Lose」をプレイ。演奏中に何度も観客とコール&レスポンスを交わし、聴き手と一体化して高みを目指すパッションにも圧倒された。




「ラスト、次は向こう(SATAN)のステージで会いましょう!」と言うと、最後は「Fork in the Road」を放ち、煌びやかなギターの音色を含めてポジティヴなグルーヴですべての人たちを歓喜に導いていた。ライヴ終了後、アンコールを求める声は止まず、「8月にワンマンがあるんでそこで続きを!」とAGは名残惜しそうに別れの挨拶をして締め括った。


取材・文◎荒金良介
撮影◎TAKASHI KONUMA

【NOISEMAKER セットリスト】

01.Change My Life
02.SADVENTURES
03.Something New
04.Flag
05.DRIFTING CLOUDS
06.Nothing to Lose
07.Fork in the Road

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス