【舞台裏トーク】<SATANIC CARNIVAL>ASPARAGUS、「俺たちなりの精一杯の“お・も・て・な・し”」

ツイート

先ほどインタビューが公開されたSCAFULL KINGと同様、今回が初の<SATANIC CARNIVAL>出演となるASPARAGUS。最近、実にのびのびとしたライブが印象的な彼らは、ここでもアスパラ流を貫いた。ということで、ライブ直後に行われたインタビューをお届けしたい。

◆ASPARAGUS 画像

■今、しっかり頑張ってるバンドを
■呼んでるイメージがある

──まずは、初の<SATANIC CARNIVAL>の感想から聞かせてください。

一瀬:俺らみたいなバンドを出させてもらえてうれしいっていうのと、サタニックの気持ちに報いたいって気持ちで一生懸命やらせていただきました。結果、最初はちょっと緊張しましたが、結果的に楽しくできました。ありがとうございまず。

──優等生みたいな回答(笑)。

渡邊:これが正解だよね(笑)。でも、サタニックに誘ってもらえるってイメージが俺らのなかになかったからうれしかった。

──サタニックに対して抱いてたイメージって?

渡邊:ヘヴィな感じというか、今っぽいというか。

原:ラウドなツワモノ揃いな印象。

渡邊:でも、過去にはATATAも出てたし、ラウドだけじゃないってところも出そうとしてるイメージもあったから、俺らもそこの枠なのかなって感覚では捉えてたかな。それでも意外だったなぁ。「俺ら、かぁ……!」って。でも、とってもうれしかった。

──実際、ステージに立ってみてどうでしたか?

渡邊:まあ、ステージに立ったらいつものように楽しむだけっていうところで。変な話、アウェイ感とかそういうのも感じず。昔だったら、例えば、お客さんの反応が悪いとか、ホームとかアウェイってことで自分たちのパフォーマンスが変わりがちだったんだけど、最近はあまりそういう感覚もなくて。

原:ないね、本当に。

渡邊:うん、だからいつもどおりやるしかないっていう。

原:バンドとして俺らも年月を重ねたからね。

渡邊:変に意識して、「今日はサタニックだからサタニック仕様で」みたいなことをやったところで絶対そんなことできないから、いつもどおりに楽しんでるところを観てもらって、あとは初めて観たお客さんに「いいなぁ」って思ってもらえたらラッキーって感じ。もちろん、お客さんを楽しませたいって気持ちはあるけど、そこに寄せ過ぎてもね。だから、俺たちなりの精一杯の“お・も・て・な・し”。コレ、コレやってる感じ(と言いながら、滝川クリステルのアレを雑に真似する)。

原:古いわぁ!(笑)

渡邊:言葉で表現できないけど、コレね。アスパラクリステル。

──わかりました(笑)。

一瀬:去年、久しぶりに「これが今の俺たちだ」って新しいアルバムを提示できたことがデカいとは思う。今回はそれがあったからサタニックは誘ってくれたのかもしれないし。だから、セットリストに関しても「イケイケでゴリゴリのフェスだからこういう曲にしよう」っていうのはあまり思わなかったし、普段と変わらないスタンスでやれたかな。まあ、今日はど頭で新曲をやりすぎたかなっていう説もあるんだけど。

渡邊:あはは! 終わってから反省したね。

一瀬:ピザのイベントだから、ピザから出した「KNOCK ME OUT」とか入れておけばよかったのかなとも思ったりしたけどね。

──でも言い換えれば、今の自分たちを素直に出せたってことだよね。

一瀬:そういう感じ。

渡邊:かもしれない。

▲ASPARAGUS × 阿刀“DA”大志氏

──PIZZA OF DEATHがこうやってサタニックをやってることに対してはどう見てますか?

渡邊:とてもいいなあと思ってる。目的が感じられる部分もあるし。それに、サタニックはヘヴィな感じに偏ってる印象があって、お客さんも黒いTシャツが多いし、そういうラウドなイベントっていう感じではあるけど、イベント側は「実はそうじゃないんだよ」って提示してる感じがあるよね。今日のスキャフルもそうだし。

原:ピザのレーベル自体もゴリゴリしてラウドっていうパブリックイメージだけど、実際にはいろんなバンドをリリースしてるし、そういうニュアンスがこのイベントにも出てる気がする。

渡邊:しかも、ピザのバンドはそんなに出てないっていうね。

一瀬:サタニックがバンドを選ぶ基準も、今、しっかり頑張ってるバンドを呼んでるイメージがある。

原:そこら辺の選球眼もピザっぽいのかも。

一瀬:ピザのいいところだよね。これはピザしかできないかもしれない。

──人気のあるバンドも出てるけど、それだけで選ばれてないっていう。

一瀬:そういう感じはする。

渡邊:間違いない。

──ところで、場内を見て回ったりしましたか?

渡邊:俺はちょっと練り歩いてみたんだけど、やっぱり黒いTシャツが多いなぁ!って。

原:俺ら、物販に黒Tがないからね。

渡邊:その時点でダメだぁ!

一瀬:まあ、そこも俺らの色だからいいんじゃないの? だって、サタニックに出るから黒T作ろうっつったってどうせ売れねぇんだから! まあ、俺たちは昔から肩透かしバンドでもあるからさ、それでも出してくれるのがうれしいよね。

渡邊:あと、サタニックは会場がコンパクトにまとまってるから動きやすいよね。メシもガテン系の店がキュッとがっちり入ってて最高だしね。

一瀬:あと、EVIL STAGEの移動式ステージは素晴らしいよね。セッティングをやる側にとってはすごく楽だと思う。

原:考えられてるよね。

一瀬:とっても便利で、不自由のないイベントでした!

取材・文◎阿刀“DA”大志
撮影◎梶原靖夫

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス