【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>DRADNATS、「やっと出れたぜー、オイッ!」

ツイート

Hi-STANDARDの“STANDARD”を逆から読むと、DRADNATS。そのバンド名が物語るハイスタへの愛、ひいてはPIZZA OF DEATHへの憧れ。今では同レーベルに所属し、3月に4枚目となるアルバム『ONE HiT TO THE BODY』を発表したばかり。そのアルバムからの1曲目「Intro」からDRADNATSのライブは始まった。SASAMORIのしなやかにグルーヴするリズムに、YAMAKENの歌心あるベース・ラインが響き、KIKUOがコードをストローク。そのまま「Time To Go」に展開すると、ハイスタからの影響を感じさせる疾走感あるパンクに、切なくメロウな歌が絡む。

◆DRADNATS画像

前アルバムにおいてKen Yokoyamaがプロデュースに関わったことも関係しているのか、あるいは今アルバムでメンバー自身に意識改革が起こったのか、ひと皮もふた皮も剥けたDRADNATSがステージにいる。音もフレーズも弾きたがりのメンバーだが、アンサンブルが整理されたことで、バンドが昔からこだわるメロディが、しっかりと武器になって存在感も主張。目の前に広がるファンに伝わっていることをメンバーも感じ、自然に溢れ出るのは笑顔。数年前は、ちょっと斜に構えた感じもあったが、今のDRADNATSはものすごく素直で自然体だ。その人間臭さがカッコいい。





「みんな、本当、観てくれてありがとう。一緒に歌いませんか、幕張。腹から声出しませんか? この瞬間だけ力を貸して。よろしく」とYAMAKEN。するとコーラスが客席前方で起こり、そのメロディにどんどん巻き込まれ、大きな合唱となって会場に響いていった。そこから曲は「New Unseen Tomorrow」へと続く。ずっとブレずにメロディックなパンクを体現するDRADNATSだが、ドラマティックな場面も描き出した。そして最高潮の流れの中でYAMAKENが感謝するように叫んだ。

「これだけひとつ言わせてください。やっと出れたぜー、オイッ! PIZZA OF DEATH、ありがとうございます。出会えて良かった!!」

またラスト・ナンバー「Spread Both Arms」のときには、「また来年、会いましょう!」と挨拶も。夢を実現し、その現実がまた新たな夢を広げた瞬間も目撃するライブとなった。



取材・文◎長谷川幸信
撮影◎岸田哲平

【DRADNATS セットリスト】

01.Intro / Time To Go
02.Good Morning And Good Night
03.In My Heart
04.Get Me Back
05.Warmth Of Your Hand
06.Miracles
07.New Unseen Tomorrow
08.Promise
09.Tomorrow Won't Be Another Today
10.Spread Both Arms

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス