【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>怒髪天、「やばいね、俺ら挟まれてる」

twitterツイート

5月に<カムバック・サーモン TOUR 2018 "押忍!ホッチャレ部">で地元の北海道に遡上。たっぷり英気を養ったであろう50代男たち、怒髪天がEVIL STAGEに登場した。矢沢永吉ばりにオールバックをコームで整え、コームを客席に投げた増子。「よく来たー!」と叫びながら、「サスパズレ」でライブへ突入した。そのイントロから曲は「酒燃料爆進曲」へ展開。曲タイトルよろしく、もはや酒ヤケを超越したソウルフルな声でがなり、歌いまくる増子がステージにいた。痛風をものともしないドラムの坂詰は力強いリズムやグルーヴで、バンド・サウンドを引っ張っていく。ベースの清水は、人生を背負って大はしゃぎ。渋さと若々しさの両面を兼ね備えたプレイを炸裂させるのは上原子だ。

◆怒髪天 画像

いつもはMC長めの怒髪天だが、今日は最小限にとどめている。7月リリースの新作『夷曲一揆』からのナンバーも披露するなど、とにかく時間の限り、曲をたっぷり楽しんでもらおうという心配りか。




「今日のタイムテーブル見たら凄い。俺らの前に向こう(SATAN STAGE)で横山健。俺らの後、難波でしょ。やばいね、俺ら挟まれてる。こうなったら俺ら、ハイスタでしょ。“STAY GOLD”でしょ! どっちかというと“キンタマ”ですけど」

気の利いた小粋なトークに笑いも起こる。そして最後の曲「サスパズレ」が始まったが、3分ぐらいの曲なのに、まだ10分ほど持ち時間が余っているという。やはりだ。しかし、曲をやってはMCを挟み込んで客席を盛り上げるあたりは、さすが百戦錬磨の強者バンド。



「意志が見えるフェスは呼ばれて嬉しい。ひたちなかなんか出るもんじゃねえ」と毒を吐いて笑わせたり、「曲におもしろさはいらないって言われるけど、曲におもしろい要素は入れてないから。やってる人がおもしろいだけ」と思わず納得の自己分析ぶりも。ともかく時間いっぱいまでのおもしろトークにドッカンドッカンの大ウケ状態。ラストをカッコよくバンドサウンドで決めながら言うこともニクかった。

「生きて、また会おうぜ!」


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎本田裕二

【怒髪天 セットリスト】

01.酒燃料爆進曲
02.オトナノススメ
03.セイノワ
04.裸武士
05.HONKAI
06.サスパズレ

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報