【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>Dizzy Sunfist、「こんなときに全力を出し切れないバンドになりたくない」

ツイート

この2日間、狂乱のライブが繰り広げられてきたEVIL STAGEもついに終演のときを迎える。その大トリを飾るのは、メロディックパンクの申し子的な輝きを誇るDizzy Sunfistだ。シーンを問わず、「今、勢いのあるバンドは?」という問いに対して、すぐ名前が挙がる存在であり、今年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREANS NEVER END』のリリースに合わせた47都道府県ツアーを開催中な彼女たちだけあって、フロアはいちばん後ろまでビッシリと埋まっていた。

◆Dizzy Sunfist 画像

SEが鳴った瞬間から、大いに盛り上がりを見せるオーディエンス。あやぺた(Vo/G)、もあい(Dr/Cho)、いやま(Vo/B)の3人もそのムードを感じ取ったのだろう。いやまはステージのいちばん前まで乗り出し、両手を高く突き上げ、もあいはSEのリズムに合わせてバスドラを踏み出す。ライブ中さながらの空気をスタート前から作り上げ、あやぺたのハイトーンの伸びも素晴らしい「SHOOTING STAR」で最高潮のスタートを決めるのだ。




フロアから盛大なコールが起こり、あやぺたといやまの織りなす声も見事だった「No Answer」、「こうやってPIZZA OF DEATHに呼んでもらえることも、人生、何が起こるかわからへん!」とあやぺたが声を上げ、攻め攻めな彼女たちの中でもアグレッシブなナンバーである「Life Is A Suspense」、一気にチャンネルを切り替え、軽やかにフロアを揺らす「Piece Of Cake」と鮮やかな彩りを持つ曲を放っていく。

そんな中で特に目を奪われたのが、間奏へ入るたびにステージ前方まで身を乗り出し、オーディエンスから上がる声を感じ取るあやぺたといやまの姿だ。彼女たちは決して力づくで何かを押し付けようとはしない。鳴らした音へ対するオーディエンスのリアクションを受けて、その返答して、また音を鳴らすことを繰り返す。ライブという現場で、音楽を通して会話をしているようにも見えたのだ。

中盤戦でもメンバー3人は絶好調。あやぺたが「ウチら、昨日も(SATANIC CARNIVALに)遊びに来て、今日もいっぱいライブを観て。いろんなバンドがカッコよすぎて嫉妬してたけど、ステージに上がるとその嫉妬が熱量に変わって、沸々としてます。誰よりもバンドを観たから、負ける気せえへん!」と語っていたが、まさしくその通りの無敵感に溢れていた。「Summer Never Ends」で自らのメロディックパンクをぶつけまくり、食いしばるもあいの表情にもグッときた「No One Knows」から力を振り絞って「Dizzy Beat」を叩きつけていく。そのエネルギッシュさに導かれるよう、オーディエンスも熱狂もとんでもないことになっていく。



彼女たちは明るくキャッチーなメロディーばかりではない。むしろ、シリアスに疾走するナンバーも多いのだが、どんな曲でも光へ必死に手を伸ばすポジティブなバイブスが漂っている。それは多くのオーディエンスが惹きつけされる要因のひとつに違いない。

「(EVIL STAGEの)トリをやらせてもらったからには、あっち(SATAN STAGE)のステージに行くしかないやんか! 来年は、ここにいるヤツ全部連れて行ったるからな!」とあやぺたが絶叫し、「こんなときに全力を出し切れない女になりたくない。こんなときに全力を出し切れないバンドになりたくない。拳を貸してくれ! 声を貸してくれ!」とオーディエンスへ問いかけてなだれ込んだ「The Dream Is Not Dead」で描かれた絶景は驚嘆すべきモノ。止めどなくダイバーが生まれ、ステージ上では3人は本気しか感じないのめり込み具合で音を放つ。


そして、巧みにビートを使い分け、モッシュの過密さも凄かった「Someday」、その豪腕っぷりでオーディエンスを圧倒した「Drug Music」と繋ぎ、クライマックスで「(大トリの)10-FEETへ走れー!」とあやぺたが叫んだショートチューン「FIST BUMP」でフィニッシュ。ラストに大きなジャンプで締めようとしたところ、勢い余っていやまが転びそうになるぐらい壮絶に駆け抜け、時間の感覚を忘れさせてくれるライブだった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎HayachiN

【Dizzy Sunfist セットリスト】

01.SHOOTING STAR
02.No Answer
03.Life Is A Suspense
04.Piece Of Cake
05.Summer Never Ends
06.No One Knows
07.Dizzy Beat
08.Joking
09.The Dream Is Not Dead
10.Someday
11.Drug Music
12.FIST BUMP


■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス