【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>大トリの10-FEET、「殉職するぐらいの勢いでやります!」

ツイート

<SATANIC CARNIVAL>の大トリを任されたのは10-FEET。20時、彼らの登場を告げるSEが高らかに鳴り響くと、フロアを埋め尽くす数万人の歓声がステージに押し寄せる。SEに合わせて起こるハンドクラップ、あちこちで掲げられる10-FEETのタオル。

◆10-FEET画像

「よっしゃ、いこうかー!」

TAKUMAの威勢のいい掛け声から始まったのは、なんと「RIVER」。ライブでクライマックスを作るこの曲が一発目とは。「今日、一番の声を聴かせてくれよ!」と呼びかければ、ひとつになったでかい歓声が上がる。立て続けに「1 size FITS ALL」や「STONE COLD BREAK」でヘヴィにグルーヴィに攻め立て、「Fin」で超絶な一体感が生まれる。


「SATANIC、呼んでくれてありがとうございます。めっちゃ、いつも好きなようにやらさせてもらってまして」と言うTAKUMA。しかし、いつも好きなようにやらせてもらうのは、PIZZA OF DEATHも同じ。<SATANIC CARNIVAL>の10-FEETのステージでは、過去に何度もメンバーの知らぬところでドッキリを仕掛けてくるレーベルでもある。今回は特殊効果用としてボタンを用意。KOUICHIの脇に、ドクロマーク付きの怪しいスイッチがあるじゃないか。スイッチを押す係を、KOUICHIに任せるTAKUMAとNAOKI。


「オッケー!」と返事をした直後、いきなりボタンを押してみるKOUICHI、アホや。当たり前だが、ドカンと音玉が爆発。曲でもない、ただのトーク中に。

しかしPIZZA OF DEATHの悪巧みはこれで終わらない。TAKUMAがドリフの加トちゃんばりのクシャミをすると、両側のトラスが崩れ、上からパイプまで落ちてくる。思いっきり褒める例えをするなら、メタリカの<メタル・ジャスティス・ツアー>である。さらにもう一発、TAKUMAがクシャミすると、今度はNAOKIのそばに上からタライが落下。完全にドリフターズ扱いの10-FEETだ。

こんなコントみたいな展開もありつつ、ライブに再び突入すれば、そこは10-FEET。染み込む言葉、限界を超える力も出させる熱いメロディや音が、次から次へと繰り出される。でも、さっきのドッキリで動揺したか、TAKUMAが曲順を間違えるという事件も発生。それによって「1sec.」を2回プレイする特盛りライブで、限界を超えた熱さが会場に渦巻いた。


「人間には優しいところも意地悪なところもある。熱いところも冷たいところもあるんや。それを認めたうえで、ここだったら超えられるだろ。意地悪な自分を!」

その言葉から「ヒトリセカイ」へ続くと、ライブのいわゆる熱さとも違う空気が充満。一人ひとりの気持ちに革命を起こさせ、同時にファンそれぞれの心意気が作り出す、熱意と強さがひとつになったエネルギーだ。それに答えるように、「殉職するぐらいの勢いでやります!」と10-FEETがラストに決めるのは「VIBES BY VIBES」。キメのいいところでドカンと銀テープも放出、<SATANIC CARNIVAL>は歓喜と興奮が高まり続けたままエンディングを迎えた。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎岸田哲平/瀧本 JON… 行秀/本田裕二/中河原理英

【10-FEET セットリスト】

01.RIVER
02.1 size FITS ALL
03.STONE COLD BREAK
04.Fin
05.goes on
06.太陽4号
07.1sec.
08.夢の泥舟
09.1sec.
10.ヒトリセカイ
11.その向こうへ
12.蜃気楼
13.VIBES BY VIBES

■<SATANIC CARNIVAL'18>

6月16日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月17日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス