ビヨンセ&ジェイ・Z、コラボ・アルバムをサプライズ・リリース

twitterツイート

ビヨンセとジェイ・Zが、コラボ・アルバム『Everything Is Love(エヴリシング・イズ・ラヴ)』をサプライズ・リリースした。

◆ザ・カーターズ画像、ミュージック・ビデオ

6月6日に2度目のジョイント・ツアーとなる<ORT II (On The Run Tour II)>をスタートさせた夫妻は、先週16日、初の共同アルバムとなる同作を自らのファミリー・ネームである“The Carters(ザ・カーターズ)”名義で突如リリース。Tidalを通じてのアルバム配信開始に合わせて、ルーブル美術館で撮影されたという「APESHIT」のミュージック・ビデオも公開され、大きな話題を呼んでいた。


収録曲は「APESHIT」のほか、「SUMMER」「BOSS」「NICE」「713」「FRIENDS」「HEARD ABOUT US」「BLACK EFFECT」「LOVEHAPPY」の計9曲。制作にはファレルやミーゴスのクエヴォとオフセット、タイ・ダラー・サイン、マイク・ディーン、クール&ドレー、Boi-1daらが参加したと伝えられている。日本でも本日6月18日(月)よりアルバムの配信が開始された。

ザ・カーターズ『エヴリシング・イズ・ラヴ』|『Everything Is Love』

2018年6月18日(月)配信開始
1. SUMMER / サマー
2. APESHIT / エイプシット
3. BOSS / ボス
4. NICE / ナイス
5. 713 / 713
6. FRIENDS / フレンズ
7. HEARD ABOUT US / ハード・アバウト・アス
8. BLACK EFFECT / ブラック・エフェクト
9. LOVEHAPPY / ラヴハッピー
購入/試聴リンク: https://lnk.to/EverythingIsLove

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報