【インタビュー】<ルナフェス直前>真矢、「集まったみんながハッピーになれたら」

twitterツイート

6月23日および24日の2日間にわたって開催されるLUNA SEA主宰<LUNATIC FEST. 2018>がいよいよ間近に迫ってきた。BARKSでは先ごろ、『PREMIERE of LUNATIC FEST. 2018』インタビュー完全版として、メンバー5人のパーソナルインタビューを公開したが、その発言は5人5様。それぞれの表現でこの刺激的なフェスの本質を浮き彫りにしつつ、ワクワクさせてくれた。今回公開するインタビューは、その続編ともなるものであり、BARKSでは<LUNATIC FEST. 2018>前夜まで毎日メンバーの声をお届けする。その第三回目は真矢だ。

◆<LUNATIC FEST. 2018> 画像

3年前の<LUNATIC FEST.>を「一息つく間もないアッという間の充実した2日間だった」と振り返った真矢。今回の<LUNATIC FEST. 2018>には長年、サポートドラムを務めてきた大黒摩季の出演が決定しており、彼女の歌を支える重要なパートナーとして真矢が参加することは間違いない。そして、今回も歌で飛び入りする可能性はあるのか? ジョークをまじえながら真矢の視点で語ってくれたフェスの楽しみ方とは。

   ◆   ◆   ◆

■ライヴに慣れはないんです
■毎回初めてみたいなもの

──第1回目の<LUNATIC FEST.>で印象に残っていること、思い出深いことは先ごろ公開したパーソナルインタビュー(【インタビュー】<ルナフェス>真矢編、「畑は違えども同時代を駆け抜けてきた」)で語っていただいたように、いろいろあると思います。ステージ上はもちろん楽屋裏も含めて真矢さん的にはどんな2日間でしたか?

真矢:時間の流れがものすごく速い2日間でしたね。アッという間の混沌とした時間というか。自分の意識も前に前に行っていたし、“はあ〜”って一息つく時はあまりなかったんですけど、ものすごく充実していました。あの時は楽屋もそうだけど、廊下とかどこに行ってもいろいろな人がゴチャゴチャしていて。

──2日間で全22バンドが出演したわけですものね。

真矢:トイレ行っても「あれ、この人たち、挨拶したほうがいいのかな」っていう(笑)。何となく会釈したりとかね。そんな感じでしたよ。

──オープニングアクトがLUNACYで、しかも午前11時10分開演でしたし。

真矢:そうだっけ?

──ははは。2日間ともそうですよ。っていうことは何時に会場入りしてるんだろうって。

真矢:ホントだね。お疲れさまです!(笑)。でも、朝が早いことに関しては「SUGIZO、来れんのかな?」って多少心配だったぐらいで(笑)。あの2日間は結果、自分たちが一番楽しかったからね。

──主宰者って全体を仕切る役割だし、細やかな気配りをしなきゃならなかったりと大変なイメージがあるんですけど、それよりも楽しい気持ちのほうが勝ったということですか?

真矢:そうですね。気を遣ってどうのこうのっていうより、LUNA SEAのフェスに集まってくれたということ自体がものすごく喜ばしいことだから、そういうほうが勝ってたよね。出演者もスタッフにもお客さんにも感謝だったし。

──<LUNATIC FEST. 2018>もLUNACYで幕を開けるわけですが。

真矢:はい。心配です、SUGIZOが(笑)。

──はははは。主宰者自ら、口火を切らないと<LUNATIC FEST.>じゃないというのがあるんですか?

真矢:そこはトップギアというか、F1レースのスターター代わりというか、このイベントを転がすキッカケになればということですよね。

──第1回目と第2回目に臨む気持ちの違いはあります?

真矢:いや、フェスに限らずツアーもそうですけど、ライヴに慣れはないんですよ。例えばツアーで同じ会場で2Daysやっても、決して同じっていうことはないんです。セットリストがどうということじゃなく、雨が降ってるとか晴れてるっていう気候だったり、もっと言うとお客さんが着てくる服でも音ってガラッと変わりますからね。音が吸われたり、吸われなかったりとか。ましてフェスは出演バンドもたくさんいるし、ステージ構成も違うだろうし、毎回初めてみたいなものですよ。

──毎回、初ライヴみたいに真っ白な気持ちで臨むっていう?

真矢:そうですね。だから、ふんぞり返りたくてもふんぞり返れないですよ。でも、そういう2日間になったほうが思い出深いし、いいんじゃないですかね。

──今回は2日目の6月24日に大黒摩季さんが出演しますね。真矢さんはそこでもドラムを叩くわけでしょ?

真矢:実際のところは、どうするんだろうね(笑)。今は摩季ちゃんが出てくれるのが嬉しいっていう、ただそれだけ(笑)。

──LUNACY、大黒摩季、LUNA SEAと1日3ステージをやることにもなるわけで。

真矢:ホントだよね。ちょっと考えておきます(笑)。でも、タイミングとかいろいろ合致して一緒にやったら楽しいでしょうね。

──大黒摩季さんはご自身のツイッターで真矢さんの誕生日に“君がいたから私は大黒摩季になれた。君が輝くから大黒摩季でいたいと願った。君が救ってくれるから怯まず立ち向かえる。”とメッセージを送っていらっしゃって、お互いにとって非常に大きな存在なんだろうなと。

真矢:嬉しいですね。2000年に初めて摩季ちゃんのライヴに参加したので、もうそれから18年経ってるんですよ。長い付き合いなんですけど、ツアーもスケジュールの都合で僕が叩けない場所があったとしてもずーっと声をかけ続けてくれて。ものすごく信頼してくれてるんですよね。ホントにありがたいです。

──そんな大黒摩季さんとLUNA SEAが同じステージに立つっていう感慨もあるのでは?

真矢:これまでの18年、いろんな面でケアをしてもらって、今回初めて摩季ちゃんに恩返しできるかな?と思ったんですけど、考えたらウチのフェスを盛り上げてくれるので、彼女にはずっといろんなものを借りっぱなしですね(笑)。

──それぐらい大事なアーティストであり、いろいろなジャンルの曲を演奏するという意味においてもドラムの幅を広げてくれた人でもあり?

真矢:そうですね。摩季ちゃんはよく「上手いドラマーはいっぱいいるけど、スネアやキックのタイミングとかが自分のツボにくるドラマーってあまりいない」って言ってくれるんですよ。僕のタイム感がすごく好きみたいで。へんな意味ではなくて、身体が合うっていうのがあるんですよね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報