ドクター・ドレー、故マーヴィン・ゲイのバイオグラフィ映画を制作

ツイート

ドクター・ドレーが、R&B/ソウル界のレジェンド、マーヴィン・ゲイのバイオグラフィ映画を制作するそうだ。

◆マーヴィン・ゲイ画像

『Variety』によると、ドレーはすでにSony/ATV Music Publishingからゲイの音楽を使用する許可を得ているという。これまで多くの人がゲイの人生を映画にしようと試みてきたが、家族が承諾しなかった。ドレーはそれもクリアしたようだ。

まだ初期の段階で、監督や脚本家、キャストは明かされていない。ドレーはプロデューサーを担うものと考えられているが、彼に演じて欲しいとの声も。

モータウン・レコードの創立者ベリー・ゴーディ・ジュニアに見出され、「Your Precious Love」「I Heard It Through The Grapevine」「What’s Going On」「Sexual Healing」など数多くの名曲を生んだゲイは、1984年4月1日45歳の誕生日の前日、父と口論になり、父が発砲した銃弾により命を落とした。

死後もその音楽は愛され続け、2010年に『Rolling Stone』誌が発表した<史上最も偉大なシンガー>ランキングでは6位に選ばれている。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報