【ライブレポート】モーニング娘。'18 尾形春水が卒業「私はもう、いま、この瞬間、とっても幸せです」

twitterツイート

モーニング娘。'18メンバーの尾形春水(おがた はるな)が、6月20日に日本武道館にて開催された<モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル>をもってグループおよびハロー!プロジェクトを卒業した。

◆<モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル>画像

本ツアーは3月からスタートし、全国40公演を展開。尾形が学業専念のため卒業することはツアー中に発表され、卒業公演もソールドアウトで約10000人を動員した。ライブはオリコン週間1位を飾った最新シングルより「A gonna」(読み:エエガナ)で幕開け。尾形のカラーであるシーブルーのペンライトが会場を満たす中、SEのマーチに合わせてセンターステージに躍り出たメンバーたちがアグレッシブなパフォーマンスで魅せ、続く「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」で盛り上げてノンストップで5曲一気に披露していく。

中盤に入ると尾形もふくめメンバー全員が汗だくに。佐藤優樹が「はーちんがあんまり汗かかないから暖房ついちゃってるんじゃないの?」と声をかけるのだが、尾形自身もかつてなく汗をかいた様子で笑顔を見せる。ここでハロー!プロジェクトのリーダーである和田彩花(アンジュルム)がサプライズで登場し、花束を贈呈したあと尾形春水へ向けた手紙を読み上げた。


■和田彩花(アンジュルム/ハロー!プロジェクト リーダー)の手紙

ご卒業おめでとうございます。
はーちんがモーニング娘。に加入したとき、いつもニコニコふわふわしていて
可愛らしい子だなってそんな印象でした。

モーニング娘。のみんなのぴったりそろった動きの中にいても、はーちんのふんわりとした雰囲気はいつも一目でわかる素敵なオーラです。
ステージ上で目が合うといつもニッコリ微笑んでくれてこんな風にファンの方を笑顔にしているんだな。とそのとき強く感じました。

ですがリハーサルのとき、とても元気いっぱいなまーちゃんと一緒に
楽しそうにはしゃぐはーちんの姿を見たときはとても驚きました。
こんなに活発な一面をもった子だったんだなと気付かされました。

私達に優しい姿を多く見せてきたはーちんは、
きっと、自分の中でいろいろなことを抱えてしまう場面もあったかと思います。


そんな中、新しい道を進む決断をしたちょっとした強さも
はーちんの魅力だと思います。

さみしい気持ちはありますが、新しい道でもはーちんの優しい笑顔で
素敵な道を歩んで欲しいなと思っています。


そして、卒業してもハロー!プロジェクトのコンサートなど
遊びに来てくれたら嬉しいなと思います。


ご卒業おめでとうございます。

和田の登場に「びっくりしたのが一番ですが、短い間だったんですけどお世話になりました」ときっちり礼で返す尾形。メドレーもユニット曲ブロックとファンアンケート「あなたにとってコンサートで一番盛り上がる曲は何ですか?」の上位5曲ブロックが設けられ、卒業までの時間を惜しむ間もないダンザブルなパフォーマンスが会場狭しと披露される。メドレーの合間に「尾形春水ラストステージ、行くぞー!」と尾形含むメンバー達が声をあげ、オーディエンスも最高潮のオイコールで応えた。後半戦では早着替えを終えたあとの「TIKI BUN」からたたみかけ、本編ラストを「ジェラシー ジェラシー」で締めくくった。


アンコールではシーブルーの眩いドレスに身を包んだ尾形春水からファンへ向け、手紙が読み上げられた。

■尾形春水の手紙

私、尾形春水は、本日6月20日をもって
モーニング娘。‘18及びハロー!プロジェクトを卒業します。

人に気持ちを伝えるのが下手くそな私ですが、自分なりに3年9ヶ月の感謝を伝えるため、
お手紙を書きました。きいてください。

15歳の時、モーニング娘。に加入して、右も左もわからなかった私に
ときに厳しく、時に優しく、愛を持って接してくれたメンバー、スタッフさん、
常に1番の理解者で味方でいてくれた家族、
昔から変わらない、素の私を忘れないでいてくれた友達、

そして何より
活動していて大変なこと、辛いこともありましたが、
今日まで前向きに頑張ってこれたのは、
どんな時も、どんな私でも受け入れて、応援してくださる暖かいファンの皆さんがいたからです。

なので、モーニング娘。として過ごした日々は、一生忘れることのない宝物です。
ありがとうございました。

モーニング娘。の活動から学んだことはたくさんあります。
歌、ダンスはえらそうに言えないけど
礼儀や、人間関係など、この活動を通して、いろんな学びがありました。

自分なりに精一杯向き合って、ここで得たことは、今後の人生にも生かしていきたいです。

卒業発表をしてから、ファンの皆さんは私に、幸せになってね。とそう言ってくれました。

だけど、私はもう、いま、この瞬間、とっても幸せです!!

明日からは別の道へ進む私ですが、
この選択が間違いでなかったと自信をもって思えるように、学生生活を通してさらに多くのことを学び、
新たな夢を見つけ、頑張ります。

このコンサートが終わると、私はもう皆さんに会うことはないかもしれませんが

最後に、ここにいる全ての皆さんのこれからがたくさんの幸福で満ちた日々でありますように。
心から願っています。

2018.6.20
モーニング娘。’18 12期メンバー
尾形春水

尾形春水がソロにえらんだ楽曲は「涙が止まらない放課後」。敢えて彼女らしい明るいアイドルソングを選び笑顔で歌い上げた。“公園で始まる午後の日曜日です”という歌詞は、毎週土日にコンサートをしていた尾形にとっては“公演で始まる午後の日曜日”というダブルミーニングだ。

セレモニーでは各メンバーからの言葉が贈られ、時に笑いを交えながらも多くのメンバーが目を涙で潤ませた。佐藤優樹が「はーちんがいちばん落ちてた時期を知ってるから、ソロで立派にステージに立ってるのを見た時に、“あぁよく立ち直ったな、頑張ったな”って思ったんですよ。(日頃でも)ダメだったところをノートにちゃんと書いてるの知ってるんですよ。だから大学も成功してほしいなーって心の底から思ってます」と語ったときには尾形自身も感極まって涙目に。さらにハロー!プロジェクト入りが同期となった森戸知沙希は「(ハロプロ入所時期はそこまで絡みがなかったので)私がモーニング娘。に入ってからの半年でここまで仲良くなれたことにびっくりしていますし、嬉しかったです。いつも癒やしを分けてくれてありがとう」。と語った。



そして同じ12期の3人は「性格も好みも正反対の二人で、合わないかと思いきやそこがぴったりだったと私は思っていて、本当に横になくてはならない存在でした。前に私がはーちんの伊達メガネ壊しちゃったことがあって、でもはーちんは“いいよいいよ”って優しくて。はーちんが卒業しちゃうのは凄い寂しいしそれ以上に不思議な気持ち。これからも、永遠に同じ12期メンバーとしてよろしくお願いいたします。」(野中美希)、「はーちんは本当に優しくて、いつも“後でいいよ”“どっちでもいいよ”って言ってくれるのは優しさだったって、今ではわかってます。今までありがとう。明日も仕事や楽しいこと、いっぱいあるといいね」(牧野真莉愛)、「私たち二人は強がってしまうのに自分で気づかないところが似ているなと思ってて、さっきはーちんがソロで歌っているときも私泣いてて、ああ寂しかったんだなって思いました。今本当にすごく寂しくて、でもはーちんの夢を私も全力で応援するから、頑張って。ありがとう。これからもよろしくね」(羽賀朱音)とそれぞれコメント。

ラストは「Are you Happy?」からの、「青空がいつまでも続くような未来であれ!」。会場にいつまでも続くはーちんコールに、一度だけ一人ステージに戻りマイク無しで感謝の言葉を伝えた尾形春水の姿に、観客席からは最後まで温かい声援が降り注いでいた。


■セットリスト<モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル>

1.A gonna
2.ロマンスに目覚める妄想女子の歌
3.Fantasyが始まる
4.青春Say A-HA
5.Password is 0
6.花が咲く 太陽浴びて
7.Help me!!(updated)
8.愛の軍団
9.モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)
10.メドレー1
・シャニムニ パラダイス/小田さくら、羽賀朱音、加賀楓、森戸知沙希
・レモン色とミルクティ/譜久村聖、尾形春水、牧野真莉愛、羽賀朱音、加賀楓、横山玲奈
・トキメクトキメケ/譜久村聖、生田衣梨奈、飯窪春菜、石田亜佑美
・INDIGO BLUE LOVE/小田さくら、野中美希、森戸知沙希
・坊や/譜久村聖、飯窪春菜、佐藤優樹、尾形春水、牧野真莉愛
・大人になれば 大人になれる/生田衣梨奈、石田亜佑美、佐藤優樹、野中美希、横山玲奈
11.リゾナント ブルー
12.しょうがない 夢追い人
13.泣いちゃうかも
14.Hand made CITY
15.愛され過ぎることはないのよ
16.Moonlight night~月夜の晩だよ~
17.雨の降らない星では愛せないだろう?
18.メドレー2
・One・Two・Three(updated)
・泡沫サタデーナイト!
・わがまま 気のまま 愛のジョーク
・みかん
・What is LOVE?
19.TIKI BUN
20.ナルシス カマってちゃん協奏曲第5番
21.君の代わりは居やしない
22.ジェラシー ジェラシー
EN1.涙が止まらない放課後/尾形春水
EN2.Are you Happy?
EN3.青空がいつまでも続くような未来であれ!

■リリース情報

最新シングル「Are you Happy?/A gonna」
2018年6月13日発売
【初回生産限定盤A】 EPCE-7398 ¥1,600+税
【初回生産限定盤B】 EPCE-7400 ¥1,600+税
【初回生産限定盤SP】 EPCE-7402 ¥1,700+税
【通常盤A】 EPCE-7404 定価 ¥1,000+税
【通常盤B】 EPCE-7405 定価 ¥1,000+税

関連画像・リンク

◆BARKS Kawaii
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報