イアン・ギラン、ディープ・パープル前のバンドとアルバムを制作

twitterツイート


イアン・ギランは、ディープ・パープル加入前、60年代にプレイしていたバンド、The Javelinsとアルバムをレコーディングしたそうだ。この夏リリース予定だという。

◆イアン・ギラン画像

ギランは『Kaaos TV』のインタビューで、この先のソロ活動について問われると、こう答えた。「5つのプロジェクトを考えてる。レコーディングしていない曲が30くらいあるんだ。最終的にどれが日の目をみるかわからないけど、1つのプロジェクトは決まりだ。ハンブルグでレコーディングを済ませたとこなんだよ。1962年からやってた僕の初めてのバンド、The Javelinsとニュー・アルバムをレコーディングした」「あの時代のレイ・チャールズ、バディ・ホリー、ハウリン・ウルフ、チャック・ベリーなんかの曲を収録している」

バンドのメンバーの中には長い間、演奏からご無沙汰していた人達もいたそうで、レコーディング前に「6週間、気が狂ったように練習しろ」と通達したそうだ。それは守られたようで、1日で10曲、2日で全16曲がレコーディングできたという。

それらを聴き直したギランは、「これは本物だ」と思ったそうだ。「彼らは50年の間、プロとしてプレイしてたわけじゃないからね。変わっていないんだ。1962年のスタイルを保ち続けてた。だから、“なんてこった! これは本物だ。当時と全く同じサウンドだ”って思ったよ。現代のミュージシャンがレトロにプレイしようとしてるんじゃない」

また、同級生が集まったような和やかで楽しい時間が過ごせたという。アルバムは8月にリリース予定で、数週間後にそのプロモーションを始めるそうだ。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報