ニュージーランド生まれのヒップホップ映像シリーズ「RED BULL MUSIC PRESENTS 64 BARS」日本初上陸

twitterツイート

世界中にファンを持つニュージーランド発のヒップホップ映像シリーズ「Red Bull Music Presents 64 Bars」がこの夏、日本に初上陸する。日本が誇るヒップホップ・レジェンド“Zeebra”をキュレーターに迎え、6月22日(金)から3週連続にわたってレッドブル・ミュージックのWEBサイト(https://redbull.com/64barsjp)およびYouTube(https://www.youtube.com/RedBullMusic)にて公開される。


64 Barsとはその名の通り、1MCのライムと、飾りを廃したシンプルな1ビートだけで構成される、64小節のモノクロ映像シリーズ。ニュージーランドのヒップホップMC David Dallasと、現地のRed Bull Studios Aucklandがその発祥だ。Davidによれば64 Barsは「ラップの創造性そのものに対するプラットフォーム」であり、選ばれしMCたちの真骨頂を味わう、レッドブルならではの音楽×映像コンテンツと言える。



日本初上陸となった今回は、Zeebraがキュレーションを担当。彼によってセレクトされ、かつ化学反応を期待してほとんどが初顔合わせとなった現代の日本を代表する10人のMCと10人のプロデューサーたちが、各々の個性を存分に発揮した“64小節”を仕上げた。64Barsの映像シリーズは、本日6月22日(金)から毎週、3週間にわたって3〜4組ずつ公開される。
(C)Suguru Saito / Red Bull Content Pool


◆64 Bars オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス