大注目のK-POPグループ、SEVENTEENの魅力を徹底解剖

twitterツイート



SEVENTEENが韓国でデビューしたのは、2015年5月。現在ほどではないにしろ、世界的にもK-POP人気が高まってきた時期だった。それもあってか、当時はとにかく新人のデビューが多かったことをよく覚えている。多くのグループはビジュアルが似ていて、曲の雰囲気も近い。『M COUNTDOWN』『ミュージックバンク』『SBS人気歌謡』などの韓国の音楽番組を観ていると、誰が誰だかわからなくなることも正直多かった。


だが、SEVENTEENは当時としては珍しい13人組という大所帯がまず目をひいた。そして彼らのデビュー曲「Adore U」はミュージカルのようにストーリー性のあるダンスが面白く、なにより楽曲が飛び抜けて良かった。ちょっと調べてみると、メンバーのウジとホシがそれぞれ作詞作曲と振り付けを考えていると知ってさらに驚いた。ちなみにウジはSHINeeに影響を受けたことを公言しており、この「Adore U」はチョッパーのベースラインとソウルフルで強い歌い出しがSHINeeの名曲「Love like Oxygen」を彷彿させた。


SEVENTEENの名前を一躍広めたのは、翌2016年に発表した「Pretty U」だ。1曲の中で、ロック、ソウル、ヒップホップとジャンルが目まぐるしく交差するが、決して破綻しない。感覚で音楽を身につけたのではなく、幼少期にクラシックを学んだウジはおそらく音楽理論がしっかりと身についているのだろう。さまざまなサウンドを取り入れても、コードやハーモニーの作り方を理解しているので、めくるめく展開の中でも楽曲をしっかりとまとめることができる。また彼が優れているのは、曲の展開に合わせてAメロ、Bメロ、サビ単位でテイストのジャンルを変えていく点。なんでもかんでもごった煮にするのではなく、曲の中で要素がきちんと整理されていることがポップスとしての完成度を高めているのだ。

この年のSEVENTEENはフルアルバム『LOVE&LETTER』と同作のリッパケージアルバム、7曲入りのEP『Going Seventeen』を発表し、評価と人気を決定付けた。またグループ内のヒップホップチームが初の楽曲「Check-In」のPVも公開して、“明るく清らかな好青年”だけではない新たな一面を表現した。さらに昨年(2017年)発表した2ndフルアルバム『TEEN, AGE』には、トラップを取り入れたアーバンなヒップホップ/R&Bが数曲収録されている。




ではSVENTEENの一番の魅力は何かと問われれば、それは間違いなくライブだと断言できる。まず単純に13人のプロフェッショナルによる息のあったパフォーマンスは、非常に迫力がある。私が観た今年2月の横浜アリーナ公演(<SEVENTEEN 2018 JAPAN ARENA TOUR ‘SVT’>)は、会場の中央に舞台が置かれたセンターステージ形式だった。ヴォーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームがステージを所狭しと使って、全方位のファンを楽しませる。またスングァンのトークもめちゃくちゃ面白い。アイドルとしてのかわいさもあれば、音楽ファンが思わずうなるクールな瞬間もある。豪華なセット云々というよりも、メンバーたちのパフォーマンスで観る者をまるで飽きさせないライブだった。





またライブでは彼らのファン=“カラット”の「私たちがセブチをサポートするんだ」という熱気に驚かされた。しかもそれは公演を制圧する類のものではなく、あくまでメンバーにポジティブなエネルギーを与える声援だった。おそらくSEVENTEENはライブの度に全力を尽くし、それがファンにしっかりと届いているから、良好な関係が築けているのだろう。


そんなSEVENTEENが、待望の日本デビューを果たしたのだ。うれしいのは、日本デビュー曲「CALL CALL CALL!」はウジが書き下ろしているということ。振り付けもホシが担当した。グループの軸がブレないので、彼らは今後も素晴らしい楽曲とパフォーマンスを量産してくるはずだ。そこが維持されれば、ファンの熱気と情熱は、SNSとリアルでどんどん伝播していく。来日時(<SEVENTEEN JAPAN DEBUT SHOWCASE ‘WE MAKE YOU’>@豊洲PIT)の会見では、「東京ドーム公演を目指したい」と話していたが、彼らならそう遠くない未来に実現してしまいそうだ。





▲SEVENTEEN ボーカルチーム

▲SEVENTEEN ヒップホップチーム

▲SEVENTEEN パフォーマンスチーム





文◎宮崎敬太

  ◆  ◆  ◆

【リリース情報】

SEVENTEEN JAPAN 1ST MINI ALBUM『WE MAKE YOU』
2018.05.30 RELEASE (JAPAN)

■初回限定盤A(CD+50P PHOTO BOOK)
仕様:
・CD(全5曲) ・50PフォトブックA
・フォトカードA(形態別13種中ランダム1枚封入) ・オリジナルジャケット・デジパック仕様
価格:2,130円+税
品番:XQNJ91001

■初回限定盤B(CD+Blu-ray)
仕様:
・CD(全5曲) ・Blu-ray
・20PフォトブックB ・フォトカードB(形態別13種中ランダム1枚封入)
・オリジナルジャケット・トールケースサイズデジパック仕様
価格:4,444円+税
品番:XQNJ 91002~XQNJX 91002

[Blu-ray収録内容]
2016年8月開催の日本初上陸コンサート「2016 ‘LIKE SEVENTEEN - Shining Diamond’ in Japan CONCERT」中野サンプラザ公演をBlu-ray化。さらに未公開のメイキング映像も収録 (本編116分+メイキング予定)

■通常盤(CD+20P PHOTO BOOK)
仕様:
・CD(全5曲) ・20PフォトブックC
・フォトカードC(形態別13種中ランダム1枚封入) ・オリジナルジャケット仕様
価格:1,852円+税
品番:XQNJ 1001

■CARAT盤(CD+Blu-ray) ※ファンクラブ会員限定商品(Loppi販売のみ)
仕様:
・CD(全5曲) ・Blu-ray
・20PフォトブックD ・フォトカードD(形態別13種中ランダム1枚封入)
・オリジナルジャケット・トールケースサイズデジパック仕様
価格:4,444円+税
品番:XQNJ 91003~XQNJX91003

[Blu-ray収録内容]
2018年2月開催の日本初ファンミーティング「SEVENTEEN JAPAN OFFICIAL FANCLUB MEETING ‘CARAT CAMP’」(2月22日開催の横浜アリーナ公演)をBlu-ray化。さらに、永久保存版の日本デビュー発表シーンもVCRから収録(ファンミーティング約80分+日本デビュー発表シーン予定)

【公演情報】

<2018 SEVENTEEN CONCERT'IDEAL CUT' IN JAPAN>
2018年9月4日(火) open17:30 start19:00 さいたまスーパーアリーナ(アリーナモード)
2018年9月5日(水) open17:00 start18:30 さいたまスーパーアリーナ(アリーナモード)
2018年9月6日(木) open17:00 start18:30 さいたまスーパーアリーナ(アリーナモード)
<公演に関するお問合せ>
ディスクガレージ TEL:050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

【プロフィール】

■SEVENTEEN(セブンティーン)
13人組ボーイズグループSEVENTEENは2015年5月に韓国デビュー。13人のメンバー+3つのチーム+1つのグループ=17という意味が込められている。ボーカル、ヒップホップ、パフォーマンスの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当するセルフプロデュースグループ。韓国だけでなく海外でもコンサートチケットを販売すれば数分でソールドアウト、2015年デビューの新人の中で最高のCD売り上げ枚数を記録し、複数の新人賞を獲得。2017年2月~3月にかけアリーナツアーとファンミーティングを開催し、約10万人を動員した。そして満を持して2018年5月30日にSEVENTEEN JAPAN 1ST MINI ALBUM「WE MAKE YOU」で日本デビュー。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報