【インタビュー】ソロアーティストHYDEが見据える未来、「HYDEをプロデュースしてる」

ツイート

HYDEが6月27日、ソロ再始動第一弾CDシングル「WHO’S GONNA SAVE US」をリリースする。これに先駆けてデジタル先行配信がスタートした6月20日には、早くも第二弾シングル「AFTER LIGHT」のリリース(6月29日にデジタル先行配信/8月1日にCDシングル発売)を発表。また、大盛況のうちに終了したアジアツアー<HYDE ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 - 黑ミサ ASIA ->に続いて、6月29日より国内ツアー<HYDE LIVE 2018>が開幕するなど、音源制作およびリリース、そしてツアーと、めくるめく活動展開の速さには驚きを禁じ得ない。

◆HYDE 画像+動画

BARKSでは先ごろ、ソロ再始動第一弾シングル「WHO’S GONNA SAVE US」および国内ツアー<HYDE LIVE 2018>に焦点を当てたインタビューを公開したばかりだが、今回公開するインタビューでは、第二弾シングル「AFTER LIGHT」のことも含め、ソロアーティストHYDEの立脚点と自身が見据える未来についてじっくりと話を訊いた。今一度、前回のインタビューを読み返していただきつつ、その続編としてお読みいただければ、HYDEの現在が見えてくるはずだ。

   ◆   ◆   ◆

■自分で全部やるってことに
■こだわりはなくなった

──2017年12月のVAMPS活動休止のインフォメーションから、ソロ再始動に至るまでのスピードってかなり早かったですね。

HYDE:そう? これでも予定からひと月、シングルリリースが遅れてしまいました。やっぱりライヴよりも前にシングルを出したくて。ライヴまでには何曲か新曲を聴いておいてもらいたいなとは思ってたんですよね。

──ということは、2017年末から制作が始まってたんですか?

HYDE:年末くらいからかな。それに今回のソロ用に作曲しているのは僕だけじゃないからね。海外のプロデューサーや僕の好きな日本の作家の方々にもお願いしてるので。で、その人たちの曲も揃ってきてる。

──ご自身の楽曲以外にも外部の作曲家を導入していることは先ほどのインタビューでもおっしゃってましたが、それはソロとしてのHYDEは、より自由度が増しているということの表れなのでしょうか?

HYDE:ん~、確かにちょっと変わったかな。自分で全部やるってことにこだわりはなくなった。それをやったところで自分の理想が出来るわけじゃないってことに気づきましたね。

──外部の作曲家を採り入れることによって、ボーカリストとしての面によりフォーカスすることもできるでしょうし、楽曲の幅を広げることもできると思うのですが、現在のHYDEさんのソロの考え方というのは?

HYDE:HYDEをプロデュースしてるプロデューサーかな。hideさんも以前、“hideをプロデュースしてる”っていうようなことを言ってたけど、僕も自分をプロデュースするためには、“HYDEだけに曲を作らせていてはダメだな。HYDEはもっと他のことをやるべきだ”とかね。そういう感じ。


──ということは、先ほど「揃ってきてる」とおっしゃった新曲は、今回の「WHO'S GONNA SAVE US」「MIDNIGHT CELEBRATION II」とはまた違ったものになる可能性も高い?

HYDE:もちろん! 次のシングル「AFTER LIGHT」とかびっくりするんじゃないかな? 今までよりラウドだよ。今回の2曲よりも生演奏感が強いし、PABLO (Pay money To my Pain) が作ってくれた曲なんだけどね。

──それって、ちなみにどんな感じの曲ですか?

HYDE:ヴォォーーーッ!(デスボイスで)。

──ほ、本当ですか(笑)。

HYDE:ヴェ~~ッ! あははは。多少出てきます。


──楽しみにしています(笑)。実はソロ再始動のインフォメーションを受けた時点では、ラウドな方向とは違うベクトルで行く可能性もあるのかなと思っていたんです。

HYDE:そう?

──はい。2017年のクリスマスには<黑ミサ TOKYO>開催もありましたし。

HYDE:なるほどね。

──「アメリカに対して、実はそんなに熱くない」と先ほどのインタビューでもおっしゃってましたが、でも、仮にそこに熱がなければ、ラウドサウンドでなくとも、という。

HYDE:要は熱量の度合いの話でね。世界的な活動はそんなに熱くやってるかといわれると、なんか違う感じがする。結構気軽というか楽しんでやってる感じなんですよ。海外の活動は僕に与えられた時間内にやる仕事という感じ。必ずしも一年のすべての時間をそれに使ってるわけじゃない。取材のときとか、よく「熱い」って言われるけど、「えっ、そんなに熱くないんです」みたいな(笑)。ただ、自分にとってもプライドのある仕事だから、頑張ってはいるけど、楽しんでやってます。

──そういう世界展開も含めて、ご自身の音楽人生を見つめるという意味では、VAMPSの活動休止はある種、ひとつのきっかけだったと捉えてますか?

HYDE:うん、今ではいいきっかけだったと思いますよ。

──とすれば、HYDEさんは今現在、ご自分の音楽人生をどんな風に描いてらっしゃるのでしょうか?

HYDE:たとえば、VAMPSのままだったとすれば、世界を視野に入れた展開は2年でとりあえず成果を見て終わるつもりだったんだけど、ソロになって、スタートが遅れた分、さらに2年延長したような感じかな。

──今の音楽形態で臨むならそのプランも納得出来るんですけど、HYDEさんにはそれとは別の世界観で作る音楽もありますよね。一例を挙げれば、先ほどの<黑ミサ>のように。

HYDE:そうですね。静かな聴かせるタイプの曲も遠くない将来、作ろうと思います。<黑ミサ>にはその世界観での面白さもあるので、やりたいことはやっぱり出てきますよね。もう少し余裕が出来たら、少しずつそういう聴かせる曲も作っていきたいな。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス